スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【搭乗レポ】 2011.11.12 NH651便 ボーイング787初搭乗!

こんばんは。
最近ブログ放置が多くなっています。今日、5日ぶりにパソコンを触りました。
入間の記事もあまり書く気が起きず(おい)、ネタは新鮮なうちに、と言うことで、787の搭乗記を書いてみようかと思います。

取手駅始発の電車に乗り、京浜東北線、モノレールと乗り継いで6時過ぎに羽田に到着。
デッキは6時半かららしいので、しばらく屋内で待機。6時半過ぎにデッキが開き、787の待つ65番スポットへ。
787nh651_1.jpg
雨に濡れ、朝日が反射するエプロンに佇むJA802A。本日の搭乗機です。

出発まで1時間を切っているため、とっとと保安検査へ進むことに。
787nh651_2.jpg
出発ロビーに設置されている大型モニター。搭乗する651便は左下ですが、当然のように満席。
しばらくはこの状態が続くんでしょうね。大型機運航で×(満席)なのはこの便だけです。早朝ですが、いかに787が人気なのかがよくわかります。

保安検査を難なくクリアし、搭乗ゲートへ向かいます。
787nh651_3.jpg
お馴染みの搭乗口モニター。機種: ボーイング787-8と言うのがいかにも新鮮。

私が着いたころは人もまばらでしたが、7時ごろになると、大勢の人が詰めかけてきました。
乗客の半分ぐらいは787目当ての人の様で、しきりに周辺にある787関連のものを撮影していました。
そして、なぜかプレミアムクラスに空席が発生。プレミアムのキャンセル待ちをしていた人が呼ばれると、周囲の人から歓声が上がっていました。
しかしなぜキャンセルが…w

7時20分ごろに搭乗が始まりますが、その前の上級会員優先搭乗では、一般客がどんどん搭乗していました。
係員が制止するすべもないのですが、常識的に考えてどうかと思います。。。。

787nh651_4.jpg
プッシュパックを担当するのは、WT500EのT4053号車。GPUの代わりに死重を搭載している車です。

787nh651_5.jpg
PBBの窓からコクピットを撮影。とにかく窓が大きいのが印象的です。操縦室も快適そう。
大きな窓以外にも、直立したワイパーや、ヘッドアップディスプレイなどの特徴が見受けられます。

そしていよいよ搭乗。とりあえずLEDで青く照らされた天井がよく目立ちます。8月に737のボーイング・スカイ・インテリア仕様機に乗った身としては、特に新鮮さもありませんがね。
787nh651_6.jpg
搭乗口のあたりがドーム天井にっていて、旅客に対して開放感を与えるそうです。そして飛行機では初めて採用された非常口マーク。
当初、ボーイング側としては、787のメインゲートはL2ドアが標準仕様とされていましたが、あまりのエンジンに近いため、ANAではL2は使わず、L1のみから搭乗となっています。

右側の通路を進み、座席へ。今回も右側に搭乗、座席は20Kです。
787nh651_7.jpg
787は翼が大きいため、Bゾーン(6列目~22列目)はほぼすべてが翼上座席になってしまいます。おかげで景色が全く見えませんが、美しい翼を真横に見ながら飛べるという意味ではいいかも。
ちなみに、この席はメインギアの真上っぽいです。

787nh651_8.jpg
国際線仕様機のため、座席にはシートモニターが取り付けらています。国内線しか乗ったことのない私には初めてな装備です。
また、座席もFixed Back Shellという、背面自体が倒れないリクライニングシートを採用。777-300ER後期型と同じシートですね。ちなみに、シートピッチは34in。これまた国内線(標準は31in)に慣れた私には少し広く感じます。

ほぼ定刻の7時33分にブロックアウト。ヘディングサウスでプッシュバックされます。
グランドハンドリングの人たちにお見送りされ、RWY05へタキシングしていきます。D滑走路を使うのはこれで6回目(離陸4回・着陸2回)。途中、鶴丸の767の後ろに続きました。
タキシング途中に、フラップを下しますが、とてつもなくうるさいです。エンジンが静かなので、余計に大きく聞こえるかもしれませんが、767よりもうるさいと思われますw

そして、7時50分、無事にエアボーン。YANAG 1 Dep.に乗って上昇。岡山まではY28航空路をひたすら直進するルートです。
787nh651_9.jpg
5分後には、電子機器の使用が可能に。ちょうど横浜市青葉区の上空と言ったところでしょうか。

787nh651_10.jpg
シートモニターではもちろん?マップを表示。これではわかりづらいですが、この後高解像度版に変更して、もっと細かい地図でみてました。
タッチパネル式になっていますが、左のコントローラーを併用したほうが素早く操作できますね。細かい操作はタッチでやったほうが楽ではありますが。

787nh651_11.jpg
機内はこんな感じ。皆さん座席で思い思いのことをしています。787の動画を見る人、マップを見る人、音楽を聴く人、寝る人。
そして何と言っても、窓をいじる人。向こう側の窓を見てもらえばわかりますが、いろんな色に染まっていますね。
これが、旅客に一番よく伝わる787の特徴ではないでしょうか。個人的には従来のシェードも残してほしかったと思います…。

787nh651_12.jpg 787nh651_24.jpg
シートベルトサインが消えたので、トイレ行くついでに機内を少し動き回ることに。
左はR3ドア。機構的には777と大差はないでしょうが、随所に新技術がちりばめられています。見た目も777より軽く見えます…。
右はトイレ。L3ドアの直前に設けられているものは大型で、窓が取り付けられています。テレビでもよく話題になっていましたが。窓付きトイレ、ANAでは初ですが、JALなどの他社ではすでに取り入れられています。
ちなみに、ギャレーを挟んで向かいにあるR3側のトイレは女性専用でした。
上部には、使用の可否を示すLEDランプがつけられています。空いてれば緑、使ってれば赤が点きます。

787nh651_13.jpg
トイレの中はこんな感じ。と言ってもよくわかりませんね。換算29㎜のレンズでは最広角でもこれが限界。
細かく見たい人は実際に乗ることをお勧めしますw

787nh651_25.jpg
トイレ窓からはこんな感じに見えます。ちょうど愛知県豊田市上空でしょうか。渥美半島の付け根が向こうに見えます。


トイレから戻り、なんとなく動画を撮影してみました。
電子シェードを操作しつつ撮影しましたので、窓の色が変わるのがよくわかるかと思います。また、エンジン音もとても静かで、機内の物音もクリアに聞こえます(笑)
雲の中に突っ込んだりして、機体も小刻みに揺れ始めます。

787nh651_14.jpg
しばらくたって、京都を通過するあたりで降下を開始。

このあたりから、となりに座っていた飛行機好きのご婦人とお喋りを始めました。
この787に乗りたいがために、夫婦で岡山旅行をするそうです。A380のシンガポール-シドニー就航初便にも乗られたそうで、いろいろなお話を楽しみました。

787nh651_15.jpg
さらに直進を続け、姫路を過ぎたあたりで、岡山空港RWY25のアプローチコースへ向けて右旋回。
右下には、JR西日本の網干総合車両所が見えます。

そのままアプローチコースに沿って、ひたすら降下。山の間をすれすれで飛んでいくのは、とてもスリルがありました。
今まで下りたことのある空港はすべて平地にあるので、こんな体験は初めてなので、少し怖かったり。
んでもって、8時47分にRWY25に着陸。わずか57分の飛行でした。

そののち、T2誘導路で滑走路を離脱し、2番スポットへタキシング。定刻通り、8時50分にブロックインしました。
787nh651_16.jpg
岡山も天気がよく、とても安心しました。隣にはJTAの737、さらに奥には大韓と中国東方の飛行機が駐機しています。
白い翼に反射する青空と雲が、また美しく見えます。

787nh651_17.jpg
座席はこんな感じ。座面と背面がスライドするようになっています。私はリクライニングはほとんど使わないので関係ありませんが、長距離国際線に乗る人などには結構不評のようです…。

787nh651_18.jpg
噂のバーカウンター。ここもLEDできれいに照らされています。

787nh651_19.jpg
こちらは、国内線ではプレミアムクラスとして運用されている、ビジネスクラス(ANA BUSINESS CRADLE)の座席。
エコノミーの2-4-2 8アブレストに対し、2-2-2 6アブレストで、12席が配置されています。
本格的に国際線運用が行われる際には、5列追加され、計42席になる予定だそうです。
長距離国際線では、同じビジネスクラスでもANA BUSINESS STAGGEREDが装備され、46席が設置されます。

787nh651_20.jpg
PBBの上には、世界初就航の文字が掲げられています。映っているCAさんは、チーフパーサーの伊藤さん。
787には非常口が8か所ありますが、CAは6名乗務。50人に付き1人が最低条件なので、264人乗りの787では6人が下限です。そのため、R1とL4の2か所にはCAが配置されていません。

787nh651_21.jpg
到着ロビーにて。こちらは特に何もありませんが、空港のいたるところに、「ANA 787就航・JAL 1往復増便」の広告が貼られていました。2社が団結して、新幹線と対決する、という構図だそうです…。

空港内をぐるっと回った後は、100円払ってデッキへ。
ド逆光な上、カメラ窓すらないフェンスがあって、正直100円払ってまで行く価値はないと思います。以前は低い柵だけだったらしいのですがね…。
787nh651_22.jpg
入ったという証拠にでも1枚。この角度ならあまり逆光にはなりませんが、フェンスの影が入ってしまいます。

デッキをぶらぶらっとした後は、Twitterのフォロワーさんがお勧めしてくれた第4駐車場へ。
シャトルバスも出ていますが、歩きで行ってみました。思ったよりも近く、歩くのには問題ない距離です。
第4駐車場に設けられている撮影スポットで、KEとNUの出発をお見送りし、JLの到着便をお迎えしました。
787nh651_23.jpg
そしてもちろん787も撮影。それにしてもエンジンの太いこと…。

これを撮影した後、急いで空港へ戻り、リムジンバスへのって岡山駅へ向かいました。
しかし、時を同じくして山陽新幹線が止まっていたのを知り、とても焦りました。この日の夜に乗る予定で、しかも再開見込み立たず、と言うのが尚更焦りを招きました。
ほどなくして新幹線は運転再開したのですが、それが引き金で、さらに焦る事態になってしまいました…。
そちらは乗り鉄的な記事で。

写真が25枚ととても多くなってしまいましたがどうぞご勘弁を。

『続きを読む』より、詳細なフライトログがお読みいただけます。

それでは♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

【搭乗レポ】 2011.08.10 NH2153便 久々のプレミアムクラス

今日は搭乗レポとかを。
ブログで書くのは惜別ジャンボツアーの時だけでしたが、ブログの内容を濃くするためにも?書いていこうと思います…。

紆余曲折があり、今回の規制は成田発となりました。
国際線がメインの空港だけあって、国内線施設はターミナルの端っこに申し訳程度にあるのみ。しかも、搭乗客の大半は国際線からの乗り継ぎ客です。
ちなみに、このNH2153便は、ルフトハンザとオーストリア航空のコードシェアがかかっています。

前の記事にも書いたように、時間ギリギリで保安検査を済ませ、待合室で待つこともなくそのまま改札を通過しバスに乗り込みます。
ja623a_0810.jpg
国内線出発ゲートの真正面には56番スポットがあり、JA623Aが出発準備をしていました。

ここからバスで412番スポットへ3分ぐらいかけて移動。途中様々なGSEが間近で見れてよかったです^^
搭乗機の前へ到着し、バスから降車。グランドスタッフさんに誘導されタラップへ向かいます。この日使ったタラップはトラックベースではない小型のもの(茨城空港に配備されてるのと同じタイプ)でした。
nh2153_1.jpg
タラップの窓が汚い…。今はみんな屋根付きなので仕方ないですね。

そして搭乗。今日は2年ぶりのプレミアムクラスです。
nh2153_2.jpg
プレミアムクラスとはいっても、この機体は国際線仕様機ですので、ビジネスクラスの座席になります。
ビジネスクラスとしてのランクは低いようですが、777のプレミアムなんかよりはよっぽど豪華だと思います…。
単通路機に20席ものビジネスクラスが配置されていて、上級比率が高くなっています。

nh2153_3.jpg
座ったのは左の窓側。A320のプレミアムは、偶数列目がいい窓割りなので、翼も見える4列目を指定しました。
地上滞在中の機内から写真が撮れるようになって嬉しい限りです...。

さてさて、搭乗するとすぐにCAさんがやってきて上級クラス恒例の儀式が。いつまでたっても慣れるものではありません。

10時22分にプッシュバック開始、ブロックアウトです。プッシュバックするものの、頭をどちらに向けることもなくただ真後ろ(P1誘導路)に押されました。
プッシュバックが終わるとすぐさまタキシング開始。右に曲がってP誘導路、P2誘導路を経由して、ランプコントロールからグランドコントロールにハンドオフされる『ゲートウェイ』を通過します。そこからさらに右に曲がってB誘導路を経由してA滑走路から離陸するのかと思いきや、直進を続けC誘導路を左に曲がりました。
と言うことは… B滑走路からの離陸です。国内線と言えども、JALはA滑走路のインターセクションで上がってたりするので、当然Aから離陸だろうと思っていた私には衝撃でした。

そしてひたすらC誘導路を進み、くねくね曲がりならがランウェイ34Rエンドへ。ここで滑走路をクロスして西側へ。B滑走路の平行誘導路であるB誘導路を進みます。名物?のへの字誘導路も、団結小屋が撤去されたことによって直線化されてしまうのでしょうね。

タキシング開始から10分かけてランウェイ16Lエンドに到着。途中SUの330-300が見れたりもしましてw
エンドでは滑走路の手前で待機。何が降りてくるのかと思いきや、SQカーゴのジャンボでした。初物だっただけに、撮りたくて仕方がなかったです。

そして10時38分、エアボーン。
JYOSO TWO Dep.に沿って洋上まで直線上昇。AIPでは右旋回になっていますが、ショートカットの為か左旋回をしてさらに上昇。
nh2153_4.jpg
旋回が終わったあたりで電子機器使用制限も解除され、九十九里浜とかも撮影できました。

nh2153_5.jpg
左旋回と言うことで、右側の機窓からは成田空港が見えます。参考までに、今回のタキシングルートを赤線で表示しました。(サムネイルのみ)

nh2153_6.jpg
んでもって利根川を超えます。眼下に見える橋は、国道408号線の長豊橋。恐怖の橋です(苦笑)

nh2153_7.jpg
そしてやってまいりました、牛久市。上に見えるのが牛久沼、中央右にあるのが牛久駅です。当然?我が家も映ってます。。。。

結城市上空まで来たところで右旋回し、Y11航空路に入ります。
ここから先は羽田便と全く同じ航路を飛行していきます。
nh2153_8.jpg
なんとなく右側からも撮影。栃木県内のY11航空路上のどこかですが、詳しい位置はわかりません。

nh2153_10.jpg
ここでご飯タイム。昼前なので『スープブランチ』が提供されました。
スープは野菜コンソメスープ、パンはミルクパン、サラダものはポテトとペッパーポークのサラダでした。
とてもおいしくいただきました^^

nh2153_9.jpg
プレミアムクラスの席はこんな感じで並んでいます。

nh2153_11.jpg
岩手上空のあたりからは、下が曇りはじめ、地上が見えなくなってしまいました。

いつも通り、下北半島上空で降下を開始し、ベルトサインが点灯します。それなりに揺れはありましたが、小型機なので仕方のないところ。
nh2153_12.jpg
ちょうど室蘭本線・石勝線の追分駅上空を通過したあたり。ここで電子機器の使用は終了になります。

事前に確認した通り、使用滑走路は19側で変更はないようです。RNAVアプローチでランウェイ19Rへ導かれていきます。
途中、Air-to-Airで政府専用機の姿も確認できてうれしくなっちゃったり。撮れないのが悔しいですね。

19Rには11時57分にタッチダウン。B8誘導路で滑走路を離脱し、B8N誘導路、A7S誘導路を通ってD誘導路を北上。H1誘導路を左折し、12時08分、3番スポットに収まりました。
ja8595_0810.jpg
隣の5番スポットにはHDのB3がいました。映り込みもなくきれいにゲット。

例のごとく最後に降機。CAさんに許可をいただいて、誰もいない状態で機内を撮影できました。
nh2153_13.jpg
エコノミー席も、国内線機のモッサイ感じとは違う、青くて清潔感漂う?機内な感じ。国内線機でも最後に導入された203Aはこの仕様だとか。ほんとは一番後ろまで行きたかったのですが、時間の問題で断られました(汗) と言うわけで、22列目あたりで撮影となりました。

最後に降機したにもかかわらず、手荷物引渡し場のターンテーブルは止まったまま。ですがすぐに動き出し、プレミアムクラス搭乗なので、最初に荷物を引き取ることとができました。

そんなこんなでグダグダな搭乗ルポでした。
たまにはプレミアムもいいものです。さすがに毎回使うほどお金の余裕はございませんw

詳しいフライトログは『続きを読む』からどうぞ。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

ヨーロッパ方面 機材情報 2010年1月23日

天気がよくて、暇なので・・・。

JL405 LFPG JA731J 777-346ER エコジェット
LX161 LSZH HB-JMN A340-313
BA006 EGLL B-GYBA 747-436
JL411 EHAM JA705J 777-246ER
NH201 EGLL JA732A 777-381ER
NH205 LFPG JA734A 777-381ER
VS901 EGLL G-VWKD A340-642 旧塗装
JL401 EGLL JA734J 777-346ER
JA417 LIMC JA8082 747-446
OS52 LOWW OE-LPD 777-246ER
NH209 EDDF 見逃しorz 777-381ER
SK984 EKCH OY-KBC A340-313X
AF275 LFPG F-GSQA 777-328ER 新塗装
JL407 EDDF JA735J 777-346ER
AZ787 LIMC EI-DBM 777-243ER
AZ785 LIMF EI-DDH 777-243ER
KL862 EHAM PH-BFN 747-406
SU576 UUEE VP-BLX A330-243

今回は確実にあってると思います。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へブログランキング・にほんブログ村へ
↑いずれか1つ、クリックをいただけたら幸いです。↑
いつもご協力いただき、まことにありがとうございます。

ヨーロッパ方面 機材情報 2009年12月29日

今日もエコジェットが見れたので、予定に反してこれをやることにします・・・。

JL405 LFPG JA731J 777-346ER エコジェット
BA006 EGLL G-BNLX 747-436
JL411 EHAM JA706J 777-246ER
NH201 EGLL JA778A 777-381ER
NH205 LFPG JA732A 777-381ER
VS901 EGLL G-VMEG A340-642 旧塗装
JL401 EGLL JA734J 777-346ER
NH209 EDDF JA736A 777-381ER
JL409 LIRF JA8082 747-446
SK984 EKCH OY-KBA A340-313X
AF275 LFPG F-GSQJ 777-328ER 旧塗装
SU576 UUEE  A330-243
JL407 EDDF  777-346ER
AZ785 LIRF  777-243ER
 予想外のランチェンのため終了。ちくしょ~!

BAは、翼に登録記号が書いてないので、なんともorz

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へブログランキング・にほんブログ村へ
↑いずれか1つ、クリックをいただけたら幸いです。↑
いつもご協力いただき、まことにありがとうございます。

ヨーロッパ方面 機材情報

11:00発 JL405便 パリ行きはJA731Jエコジェット」での運航です。
11:35発 NH201便 ロンドン行きはJA778Aでの運航です。
11:50発 NH205便 パリ行きはJA783Aでの運航です。
12:00発 JL417便 ミラノ行きはJA8081での運航です。
12:00発 JL401便 ロンドン行きはJA737Jでの運航です。
12:20発 NH209便 フランクフルト行きはJA731Aスターアライアンス」での運航です。
13:30発 JL407便 フランクフルト行きはJA734Jでの運航です。

自宅からの確認なので間違ってるかも・・・。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へにほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へブログランキング・にほんブログ村へ
↑いずれか1つ、クリックをいただけたら幸いです。↑

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。