スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New「ひたち」 E657系 いよいよ試運転開始!

またしても久々の更新になってしましました…。はい、もうやる気失ってますよええ(苦笑)

今日は飛行機の話題ではなく鉄道の話題。鉄道の記事もだいたい半年ぶりぐらいですね。
そういえば旅行記どうなったんだよ(

さてさて、常磐線の特急用新型車両として昨年12月に計画が発表されたE657系電車
現在常磐線で活躍している、651系「スーパーひたち」やE653系「フレッシュひたち」をまとめて置き換えるべく、2012年春から秋にかけて10両編成16本の計160両が投入されることになっています。
現在配置されている2形式を合わせた数は、7両編成17本と4両編成13本の計171両。1編成分減少という形になりますが、運用効率を高め現在の本数維持どころか、ラッシュ時の増発という話もあります。

室内は定員600名で、うち570名が普通車、30名がグリーン車となっています。ブラウンとブラックでシックにまとめられた内装のほか、WiMAXを活用したブロードバンド環境や、各席に設置されたコンセントにより、ビジネス需要に応えています。
また、各車両間には新幹線やE259系「成田エクスプレス」などに取り入れられている車体間ダンパ、グリーン車と両先頭車には横揺れを抑えるフルアクティブサスペンションが設置されていて、さらなる乗り心地の向上が図られています。
現在スーパーひたちやフレッシュひたちの大部分は11両で運転していることから、1両減となりますが、実際満席で運転されることは少ないため大丈夫という判断でしょう。
とはいえ、皆が心配することながら、朝の14両運転のフレッシュひたちは…。

栄光の「K-1編成」を名乗る第1編成は、上野方5両が近畿車輛、いわき方5両が日立製作所でそれぞれ製造され、5月21日から23日にかけて、配置先となる勝田車両センターまで甲種輸送が行われなした。
その4日後、5月27日に勝田~上野~勝田の行程で試運転が行われ、正式にJR東日本に引き渡しが行われました。先日、6月13日には勝田車両センターで報道公開が行われ、NHKローカルニュースや、各新聞にも取り上げられるなどし、鉄道ファンをはじめとする方々に認知されました(多分)。

そして、報道で「今月より試運転を始めます」という話もあったように、試運転が始まりました。その堂々たる10両が常磐線を駆け抜け、新型「ひたち」E657系の歴史が始まりました!(←大げさ)

今日の行路は勝田を出発して我孫子まで試運転。その後、折り返して赤塚まで1往復した後、交直切り替え機器の確認のため藤代を1往復、最後に勝田に戻るということだったようです。
現在は主に性能の確認ということでしょうか? このあと運転士のハンドル訓練や、客室乗務員や車掌の実車訓練も行われるそうです。

学校の帰り、我孫子付近でE657系とすれ違いました。我孫子に来るということは必ず帰ってくるので、携帯で常磐線の時刻表を見つつ、どの辺に来るか考えたところ、意外に時間がないためダッシュで帰宅し、すぐにカメラを用意して撮影場所へ。
接近無線を聞いており、だいぶ前から列車来ることが分かったので余裕をもって準備ができました。
踏切を渡った時にはすでに前照灯が見えており、その明るさからE531とは違うということで、E657であることを確認しました。

そしてカメラを構えて待ちます。
E657testrun_1.jpg
来ました。レンズフレア?が写りこんでます…。

E657testrun_2.jpg
編成写真もしっかりいただきました。やはりヘッドライトを付けたこの顔はかわいく、かつ精悍です。

E657testrun_3.jpg
先頭部を流してみました。ほんとにカッコいい!!

E657testrun_4.jpg
当然?後打ちでも撮影。テールライトはまるで眉毛ですね。

気になるのはいわき方先頭車スカートにある切欠き準備のようなライン。
電連装備して付属編成と連結? なんて妄想が膨らんだり…。そんな計画があるかどうかは知りませんが、何か意味はあるはずです。

さてさて、この試運転がいつまで続くかはよくわかりません。現段階での営業運転投入予定は2012年春。つまり次回の3月改正ということになろうかと思います。
そして置き換え完了は2012年秋。このタイミングで常磐線の大幅?ダイヤ改正が行われ、いわきで特急分断が行われるはずでした。
しかし、3月11日に起きた東日本大震災でこの計画もどうなることやら。いわき以北は原発や津波のせいで線路はズタボロに。原ノ町駅などには車両が何本も置いたままになっているそうです。
E657系運転開始も非常に楽しみではありますが、常磐線をはじめとした被災路線や東北各被災地の復旧、ボランティアなどのために被災地への交通手段の確保、そして一刻も早い原発問題の収束が待ち望まれます。

これからも沿線住民としてJR東日本を応援していこうと思います。
そして、被災地のみなさん方へも少しずつ、できることを地道に支援していきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

荒川沖以南にE501系運用復活!

常磐線のE501系は、1995年に209系をベースとして開発され、常磐線 上野~土浦間に8編成60両が導入された通勤型電車です。
当初は、10+5両編成で上野~土浦間を運転していましたが、2007年3月18日、土浦以南の列車にはすべてグリーン車を連結することとなり、E501系の運転区間は土浦・小山~いわきに変更されました。

また、時間の都合上 土浦では折り返せないため、いったん土浦電留線へ入区したうえで、時間になると荒川沖まで回送として往復するという、効率の悪い運用になっていました。これは、電留線から下りホーム(1番線)へ入線できないためです。

しかし、12月4日に行われたダイヤ改正で、折り返し駅が荒川沖から佐貫に変更になりました。
現在、土浦止まりのE501系の運用は10連と5連で1本ずつありますが、5連の折り返し駅については確認していません。
荒川沖で折り返し不能になった理由はよくわかりませんので、暇なときにでも行ってみてきたいと思います。

さてさて、今日は学校が休みでした。というわけで、大好きなE501系を、地元で撮影することに。
というわけで牛久カーブに向かいました。
フレッシュひたちが通過してほどなくすると、再び上り列車が接近してきます。しかし、こんな時間に営業列車はなく、E501系の回送にしては早いから何かなと待っていると、E531系が登場。よく見ると、9460M 試 運 転の表示がありました。なんなのかよくわかりませんが…。

常磐線 9460M E531系 K403編成 (11:36 撮影)

10分ほど待つと、いよいよお目当てE501系の回送列車。

常磐線 回2556M E501系 K-702編成 (11:47 撮影)
E501系を見るのは約9か月ぶりのこと。10両編成に至っては1年以上ぶりに見ました。しかも、地元で見ることができたというのは本当にうれしい限りです^^

さてさて、今度は折り返しの土浦行の列車を撮影するため、向こう側の道路へ。
特別快速が行った後、10分ぐらい待つとようやく踏切が鳴り出しました。

常磐線 回557M E501系 K-702編成 (12:04撮影)
下りは絶対逆光になってしまいますが、先日の2097列車と同じ場所で撮影。陽が入っていないこともありますが、こちら側のスカートは真っ黒に見えます…。

というわけで、今日は鉄道の記事でお送りしました。
今度は馬内踏切に行って撮影したいですね…。
しかし、最近、馬内踏切周辺は路上駐車が多く、とても迷惑になっています。撮影する方はきちんとマナーを守りましょう。。。。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
ご覧いただきありがとうございます。クリックもよろしくお願いします!

カシ×貨物

カシオペアの牽引機が先月末からEF510に変更となったのは皆さんご存知かと思います。

今までカシオペアを牽いていた特別色のEF81は運用を失い、貨物釜や星釜と共通の運用になりました。

そして、先週、ついに常磐線の貨物に、カシ釜のEF8179が入り、テンションが上がっていましたが、残念なことにバイトで撮影できず。
夜中の運用に出撃するも、撃沈。

そして、ついに取れる機会がやって来ました。
14日に、EF8192号機がA21-23運用に入ったという情報を聞きつけました。このままいけば、16日の2092列車に入るぞ、ということを考え、昨日はガンダムの撮影を終えた後、超高速で帰ってきました。

最初は牛久で駅撮りしようかとも考えていましたが、8分ぐらいあるので、草が刈られて久々に撮影が可能となった、牛久カーブへ向かうことに。
しかし、思ったよりも遠く、走りまくって、到着したとたん踏切が・・・。


何の準備もせずいきなり来てしまいました。
そしてこういう結果に。釜重点で撮ったので貨車がほとんど入っていません。

何かしらのHMが付いていたほうがやっぱり似合いますね。
なんかぶれているのは仕様ですので、そのうちリベンジします、たぶん。

今度はぜひ銅像山あたりで撮りたいのですが、いつ運用に入るのかわかりませんし。


そして、これを撮り終わった後、ボーっとしているの犬を散歩していた一人のご老人に声をかけられました。
そして、「なぜカシオペアの機関車が貨物を牽いているの?」とたずねられました。カシオペアは認知度が高いから、機関車も知っているのかな、と思って丁寧に説明し終えると、「俺、昔、田端にいたから」というお返事。

本当に驚きました。国鉄の元機関士だったとは・・・。
何でも、EF15やEF80、当然EF81やEF65、果てにはゴハチ(!)などを運転し、東北・常磐の貨物や機関車牽引の旅客列車などを運転していたそうです。また、松戸区にも所属していたらしく、常磐緩行線なども運転したそうです。

いろいろ興味深いお話を聞くことができ、とてもうれしかったです。また会えるといいなぁ・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へブログランキング・にほんブログ村へ
↑いずれか1つ、クリックをいただけたら幸いです。↑
ご協力をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

常磐線に客車

joban12-1.jpg
ひさびさ?に常磐線を青い客車が走りました。私の記憶では、が走って以来約1年半ぶりだと思われます。

まぁ、青い客車とはいってみても、ブルートレインじゃないんですがねぇorz

実際には高崎車両センター(だったかな)の12系5両です。
上野方から、オヤ12 1+オハ12 367+オハ12 368?+オハ12 369+スハフ12 161でした。
ちなみに、発電機は最後尾のスハフ12 161のものが稼動していました。

でも、なんでオヤ12が連結されてるんでしょうかね?幕はもちろん「SL伴走車」でした。SLなんか連結してないよぉー。

この日はレトロ横濱で出かけてる旧客7両もありますから、高崎区の客車15両の内、12両が出勤してる模様。

今日の下りのやつも撮影したいのですが、下りのいい撮影地がない上、16:20現在雨が降ってるので出かけられません。
joban12-3.jpg


明日は羽田JALANA に行くから撮影できないしなぁ・・・。
(21:45追記 明日はカシ釜らしいですね。常磐でカシ釜12系なんてまたとないチャンスなのに・・・)


他の写真は撮影日記に上げときます。
プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。