スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材の動き 【2011年1月:2機登録・7機抹消】

ぐだぐだしていて危く1か月飛ばしそうになりました。

★新規登録機:2機★
JA621A(Ln:40566/Cn:998) 全日本空輸 Boeing 767-381ER 登録日:1月18日
ANAの追加導入機としては3機目。例にもれずウィングレット取り付け改造を受け、成田ベースで運航が行われている。

JA335J(Cn:40350/Ln:3525) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:1月28日
こちらも毎月恒例。35号機も国内線仕様で納入された。


☆抹消登録機:7機☆
JA8930(Cn:27102/Ln:2394) 日本トランスオーシャン航空 Boeing 737-4K5 抹消日:1月7日
  →N197SF 詳細不明
JTAの737では、昨年7月の2機に続き、3機目の退役機となった。この機体は1993年製造、ドイツのハパグ・ロイドで運航された後、2000年にJTAフリートに加わった。
昨年6月から那覇空港でストアされていたが、この度WFBNに売却された模様。

JA8559(Cn:641) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:1月20日
  →N5641 LDEでストア
1992年9月にJASに導入された機体。特に大きな事故を起こすこともなく、18年半にわたる日本での生活を終え、GAテレシスに売却された。日本籍抹消は5機目。
ja8559.jpg

JA8085(Cn:25260/Ln:876) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:1月17日
   →N269AS ROWでストア(解体予定)
1991年9月に、JALダッシュ400の15号機として導入。導入当初は長距離路線を担当していたが、晩年はおもに中国路線で運航。羽田空港新国際線ターミナルからも、短期間ながら上海虹橋せんで活躍しており、羽田で見にできる貴重な国際線ジャンボ機の一角であった。


JA8902(Cn:26344/Ln:929) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:1月20日
   →N344NA VCVでストア(アトラスエアで運航予定)
1992年8月にJALに引き渡しを受けた22機目のダッシュ400。湾岸戦争の影響で、1年半にわたりアメリカでストアされていた。導入後は欧米線を中心に、近距離路線も含めた国際線のほぼ全路線で運航されていた。また、新塗装になった後にはYokoso!JAPAN塗装へとなり、日本の観光立国キャンペーンの一角を担った。
2006年5月には貨物専用機に改造されたものの、JALカーゴでも運航するほぼすべての路線に就航して最後まで活躍していた。

JA8916(Cn:26362/Ln:1202) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:1月24日
   →N916UN トランスアエロで運航予定
1999年3月に導入された機体。ファーストクラスは1人掛けの、当時としては最高峰の設備を誇ったSOLOを搭載し、ロンドン線やニューヨーク・JFK線といった花形路線で運航されていた。その後、JALスカイスリーパー・ソロとJALシェルフラットシートを搭載する最新キャビンに変更され、ニューヨーク・JFK線やサンパウロ線などにも飛んだ。
また、ニューヨーク・JFK線では、最後のジャンボ便の機体となった。


JA8962(Cn:25645/Ln:979) 全日本空輸 Boeing 747-481 抹消日:1月25日
   →N596MS XMNでストア
1993年6月に導入。1998年にはワールドカップ応援塗装が施され、その後、「ポケモンジェットUSA」塗装となり、アメリカ路線を中心に活躍した。
2007年春からは、ANAのダッシュ400が売却を開始されたものの、「最後の3機」として2010年まで残り、トリプルセブンに代わってパリ線で運航されることもあった。


JA8701(Cn:2093) 海上保安庁 NAMC YS-11A-207 抹消日:1月31日
   →航空自衛隊へ売却 美保基地でストア(部品取り)
1969年に海上保安庁に導入されたYS-11の初号機。当初から羽田航空基地に配備された。「ブルーイレブン」の愛称がつけられ、羽田エリアでの哨戒任務や、救難捜索ミッションにもあたった。また、南鳥島に配属されている海保職員の交代のため、南鳥島へのフライトもしばしば行われていたため、胴体内には燃料タンクが設置されている。
また、海保が保有するYSの中で唯一、地磁気観測のための「MADブーム」が装備され、全国での観測業務にも従事した。
42年間にわたる長い活躍を終え、解役後には茨城空港での展示会も催され、華々しい最後を飾った。
これにより、JAナンバーで登録されているYS-11はすべて消滅し、残るは海自と空自の機体のみとなった。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

機材の動き 【2010年12月:6機登録・10機抹消】

2010年も終わりの月になり、6機が登録され10機が抹消されました。

★新規登録機:6機★
JA334J(Cn:40349/Ln:3489) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:12月13日
JALグループの34号機。従来に引き続きモノクラス176席仕様での導入が続く。

JA34CA(Cn:8300) 新中央航空 Dornier Do228-212NG 登録日:12月13日
世界で初めて導入されたDo228のNGシリーズ。デザインは従来と同じながらも、各所で新世代化が行われており、コクピットもグラス化されたほか、エンジンが換装され5枚ブレードとなっている。新中央航空では5年ぶりの新造機導入となった。なお、生産はドイツのRUAG社が行っている。

JA653J(Cn:40365/Ln:997) 日本航空インターナショナル Boeing 767-346ER 登録日:12月15日
JALが追加導入を行った767の3号機。機内は651J、652Jと同じA43仕様となっている。

JA65AN(Cn:33903/Ln:3502) 全日本空輸 Boeing 737-881 登録日:12月21日
こちらも毎月恒例、ANKの737。モノクラス176席仕様で納入され、セントレアを中心に運航中。。
一部情報では、737-700を再モノクラス化し、余ったプレミアムシートをこちらに移すとか。

JA73NE(Cn:40713/Ln:3501) スカイマーク Boeing 737-82Y 登録日:11月22日
こちらも毎月恒例(笑)。JAL、ANK、SKYと3社横並びで納入が続けられている。ウィングレットのマークはここへきてなぜか『♪』となった。スカイマークの納入はここでひと段落し、次号機のJA73NFは4月ごろとなる模様。

JA726A(Cn:564) 海上保安庁(双日航空機) Bombardier DHC-8-315MSA 登録日:12月24日
海保のYS-11置き換えのために導入が行われているダッシュ8であるが、この7号機からは中古の旅客機を改造した機体となっている。続くJA728Aも中古機からの改造で、スペインのエア・ノーストラムで運航されていた。
第8管区海上保安本部 美保航空基地に配備され、「みほわし」として活躍する。

☆抹消登録機:10機☆
JA8098(Cn:25212/Ln:871) 全日本空輸 Boeing 747-481 抹消日:12月15日
   →N599MS XMNでストア?
ANAの国際線ジャンボ機として、最後に残った3機のうち、はじめに登録抹消が行われた機体。ANAの『テクノジャンボ』(-400シリーズ)では最も飛行時間が長く、約8万1000時間を数えた。11月上旬に厦門にフェリーされ、BCF改造が行われる模様。


JA8082(Cn:25212/Ln:871) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:12月9日
   →N151AS ROWでストア(解体予定)
1991年8月導入。JALジャンボの12号機として導入され、主に欧州線などで活躍していた。12月14日に離日し、白装束でロズウェルにストアされている。


JA8910(Cn:26335/Ln:1024) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:11月13日
   →N356AS VCVでストア
1994年3月導入。短中距離国際線用のコンフィグで導入された3機のジャンボの初号機。長距離を飛行しないため、クルーレストバンクが設置されず、410席仕様で運航されていた。晩年はファーストクラスが廃止され、412席仕様で羽田発の国際線で運航されていた。12月16日に離日しロズウェルへフェリー。その後年明けとともにビクタービルへ再フェリーされた。


JA8909(Cn:26353/Ln:980) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月6日
  →N744CK カリッタエアで運航
1993年6月導入。クラシックジャンボのリプレースを進めるために、破竹の勢いで導入が続けられていたジャンボ世代の機体である。2006年12月にはBCF改造を受け運航が続けられていたものの、機体の一部に不調があったため、予備機となり、2009年半ばからは羽田空港でストアされていた。9月に離日し、しばらくビクタービルでストアされていたが、12月に正式に売却が完了し、カリッタエアで運航が行われている模様。


JA8911(Cn:26356/Ln:1026) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月14日
  →N356NA VCVでストア(アトラスエアで運航予定)
前のJA8910と同様、短中距離国際線用機材として1994年3月に導入された機体。2007年秋?にBCF改造され、その性能をいかんなく発揮し、多くの貨物を世界に送り届けた。
今回の経営再建で貨物専用機事業から撤退することを受け、同じ貨物専用会社であるアトラスエアに売却された。
11月上旬に離日し、現在はビクタービルで整備を受けている模様。


JA8915(Cn:26361/Ln:1188) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月15日
  →N745CK カリッタエアで運航
記念すべきJALの747としては100機目の機体で、1998年12月に導入された。ボーイング社のエバレット工場では記念式典なども行われ、機首には「JAL's 100th 747」のロゴが入った。新塗装化後、JA8919とともに「YOKOSO! JAPAN」特別塗装となり、機首には大きくそのロゴが入れられた。100機目の栄光もむなしく?2007年にBCF改造された。
こちらもカリッタに売却され、オールホワイトで運航されている。


JA8908(Cn:26352/Ln:978) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446D 抹消日:11月2日
   →N896DB ARGでストア(解体予定)
1993年6月、-400Dの最終号機として導入された機体。2002年には、FIFAワールドカップ日韓大会の応援塗装をまとい、胴体後部に応援ステッカーが貼られたほか、尾翼を青く塗装されて運航された。
12月21日に離日し、他の-400Dと同様、ウォルナットリッジにフェリーされ、解体待ちとなっている。


JA8558(Cn:637) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:12月15日
  →N3740 LDEでストア


JA8565(Cn:711) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:12月16日
  →N7151 LDEでストア

JA8558は1992年7月に、JA8565は1993年12月にそれぞれJASに導入された機体。後者は2003年2月に青森空港でオーバーランを起こしている。日本籍が抹消されたA300はこれで4機となった。また、全22機のうち、3機が貨物機への改造を受けることが決定した。比較的新しい機体が多いため、新天地でも大いなる活躍をしてくれるだろう。

JA8232(Cn:23213/Ln:118) 日本航空インターナショナル Boeing 767-246 抹消日:12月20日
  →N767DA VCVでストア(ダイナミック・アビエーションに売却)
1985年8月に、767の2号機として日本航空に導入された。1993年6月からの1年間、日本トランスオーシャン航空にリースされ、同社のフルカラーとなった唯一の767でもある。JAL復帰後は207席仕様で近距離国際線や国内準幹線に就航し、羽田や中部でその姿をしばしば見ることができた。6月にビクタービルにフェリーされ、このたび売却先が決定し、日本籍が抹消された。

●予約登録機:6機●
JA801X(Cn:39415/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2011年6月
JA802X(Cn:39418/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2011年10月
JA803X(Cn:38026/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2012年2月
JA804X(Cn:39395/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2012年4月
JA805X(Cn:38035/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2013年1月
JA806X(Cn:38036/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2013年2月
現在、737-400型機を10機保有しているスカイネットアジア航空だが、昨年2月に737-800型機を2機導入することを発表した。これは、リース会社のAWASからの新造リース機で、それぞれ6月と10月に導入されることになっている。
今回、その機体の予約登録が行われたほか、さらに4機が追加で予約されている。
1年に2機ずつとスローペースではあるものの、状況によっては他社と同じく導入スピードが上がる可能性も否定できない。

2010年のまとめをすると、新規登録機が47機、登録抹消機が54機で、差はマイナス7機(いずれも本記事対象機のみ)となった。
今年はJALの経営再建もひと段落するほか、スカイマークなどでは新造機の連続投入、またANAへの787の引き渡しなど、新規登録機から目が離せないだろう。

<<2月5日追加更新:『予約登録機』情報追加>>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
ご覧いただきありがとうございます。クリックもよろしくお願いします!

機材の動き 【2010年11月:6機登録・10機抹消】

更新が滞りもうしわけありません。

★新規登録機:6機★
JA856A(Cn:4335) ANAウイングス Bombardier DHC-8-Q402 NextGen 登録日:11月5日
ANAグループが導入した16機目のQ400は、NextGenシリーズに移行した。NextGenシリーズは、CRJ700/900NextGenで採用された技術をフィードバックしたもので、LED照明や、機内パネルのスリム化、オーバーヘッドストウェッジの大型化など、さらに先進的な機体に生まれ変わっている。また、かつて多発していたトラブルの多くも解決したらしい。
ANAでは、NextGenの1号機となるこの機体に、従来のブルー濃淡ではなく、グリーン濃淡を用いて塗装し、「エコボン」と名付けて運航が行われている。

JA725A(Cn:672) 海上保安庁(双日航空機) Bombardier DHC-8-315MSA 登録日:11月11日
海上保安庁がYS-11・B200T置き換えのため導入を進めているダッシュ8の6号機。新造機はこの機体で終了となり、残り2機は中古機を改造したものとなる。
この機体は。MAD(海中磁気観測ブーム)を装備しており、羽田に残る唯一残るYS-11・JA8701「ブルーイレブン」を置き換える。JA8701は解役後、先の2機と同じく自衛隊に譲渡され部品取りとなる模様。
海保での登録番号はMA725、愛称は「ブルー・エイト」?

JA620A(Ln:40565/Cn:996) 全日本空輸 Boeing 767-381ER 登録日:11月12日
ANAの767増備で導入された2号機。現在はANAの羽田メンテナンスセンターにてウィングレット取り付け改修工事が行われている模様。

JA333J(Cn:40348/Ln:3456) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:11月16日
JALグループの737、33号機。登録番号が旅客機としては3番目のぞろ目となった。

JA73ND(Cn:33440/Ln:3474) スカイマーク Boeing 737-8FZ 登録日:11月19日
スカイマークの737、17号機。ウィングレットのマークは「ひまわり」。


JA64AN(Cn:33902/Ln:3478) 全日本空輸 Boeing 737-881 登録日:11月22日
毎月恒例、ANAでは14号機となった737-800。モノクラス仕様で既にラインインしている。
なお、JA59AN~JA62ANについては、現在ラインインしていない模様である。

☆抹消登録機:10機☆
今月も、抹消されたのはすべてJAL機。ジャンボは一挙7機が登録抹消され、減勢の一途をたどるのみとなった。
また、このうち5機は貨物専用機だった。
今回より、書き方を若干変更し、抹消後についても記録することとしました。また、抹消日順ではなく、機種ごとに並べました。

JA8903(Cn:26345/Ln:935) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446D 抹消日:11月2日
   →N895DB ARGでストア(解体予定)
1992年9月、JALの-400Dとしては4番目に導入された機体。18年間国内線で飛び続け、-400Dとしては6機目の抹消。
先に抹消された機体と同じく、解体される模様。


JA8914(Cn:26360/Ln:1166) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:11月18日
  →N914UN VCVでストア(トランスアエロで運航予定)
1998年7月に導入された比較的新しい機体。発注されたものの、経済状況の悪化などからすぐには生産はされなかったが、4年後に生産され、JALに引き渡された。現役時はニューヨーク線やシカゴ線、ロンドン線などといった花形路線で運航されていた。


JA8079(Cn:24885/Ln:824) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:11月25日
  →N805AS ROWでストア(解体予定)
1990年12月導入、JALジャンボの中では花形中の花形。JAL機ではPFISを最初に装備したり、FANS(CNS/ATM)テスト機としても運航された。また、1996年には「SEASON」仕様の座席に改装された初号機でもある。晩年は近距離アジア路線で運航されていた。

JA8078(Cn:24870/Ln:821) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:11月30日
  →N248AS ROWでストア(解体予定)
1990年11月導入。特に目立った活躍はなかったが、1992年には暫定的に国内線に投入され430席という中途半端?な仕様で羽田-沖縄・千歳をベースにフライトしていた。日本の空からは20年ちょうどで退き、転用されることもなく解体される模様。

JA401J(Cn:33748/Ln:1351) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446F/SCD 抹消日:11月17日
  →N401AL→HL7616 アシアナ航空で運航
JA402J(Cn:33749/Ln:1352) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446F/SCD 抹消日:11月19日
  →N402AL→VQ-BJB エアブリッジカーゴで運航
どちらも2004年10月に導入された、最新型の貨物機であるとともに、JALとしては最後の導入になったジャンボ機である。
従来の-200Fではアンカレジ経由だった太平洋路線に直行便として飛行し、運航時間の短縮や燃費向上、2クルー運航やペイロード増加など、効率のいい運航をすぐさま発揮した。また、在来型の置き換えには新造機ではなく、旅客機を改造した-400BCFを5機発注し、多くの路線でJALカーゴのダッシュ400フレイターを目にすることができた。


JA8906(Cn:26350/Ln:961) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:11月17日
  →N743CK ストア(場所不明・カリッタエアで運航予定)
1993年3月導入。旅客機時代はめぼしい活躍もなかったが、2002年に-400BCF(Boeing Converted Freighter)が3機発注され、その3号機として2007年3月に改造された。その後、-400BCFは確定5機が追加発注、4機がオプション発注されたものの、経済情勢の悪化によって6機が改修されるにとどまった。

JA632J(Cn:35817/Ln:959) 日本航空インターナショナル Boeing 767-346F 抹消日:11月5日
  →N526LA LANカーゴで運航
JA631J(Cn:35816/Ln:956) 日本航空インターナショナル Boeing 767-346F 抹消日:11月10日
  →N524LA LANカーゴで運航
アジアの経済発展に伴う貨物需要増加をうけて、JALカーゴとしては初めての中型貨物機として2007年に導入された。しかし、貨物専用機運航停止を受け、リースバックされることとなった。3号機は先に売却されているが、1・2号機はそろって退役した。現在は2機ともLANカーゴで運航されている。


JA8574(Cn:740) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:11月10日
  →EI-EOT LDEでストア
1994年12月に、JASのA300-600Rの15号機として新造で導入された機体。JAS時代は東京-大阪・福岡といった幹線で運航、JALとの合併後は地方幹線で運航されていた。A3Rとしては2機目の売却機で、GAテレシスに売却され、東京(HND)-アルマトイ(ALA)-ソフィア(SOF)-ピレネー(LDE)とフェリーされ、現地でストア中。


登録抹消機が月を追うごとにどんどん増え、JAL機の退役ペースもますます速くなってきている。
1月から登録抹消が始まったダッシュ400は、11月末時点で23機が抹消されており、最盛期の半数となった。いまだに抹消されていない機体も3分の1はストアされており、残る登録機はインター11機、ドメス1機となっている。
引退日程もインターが3月1日着のJL75便、ドメスが2月20日のチャーター便と決定され、さらに抹消が加速していくだろう。
また、その陰でA300も続々退役が進められ、現在稼働状態にあるのは9機のみとなっている。
ラストフライとは、2月28日のJL1816便(KMJ-HND)となるだろう。

※12月30日1:30再更新(旧JA402Jの新レジが判明したため)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
ご覧いただきありがとうございます。クリックもよろしくお願いします!

機材の動き 【2010年10月:8機登録・8機抹消】

★新規登録機:8機★
JA651J(Cn:40363/Ln:994) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 767-346ER 登録日:10月1日
新エグゼティブクラスの「JALスカイリクライナー」を装備したA43キャビンで製造された初号機。
エンターテイメントシステムは最新のMAGIC-Vを搭載している。後述のJA652Jとともに、成田・羽田からのシンガポール線および北京線等で運航されている。


JA332J(Cn:40347/Ln:3385) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:10月4日
9月は新規登録が行われなかったJEXの737-800だが、10月は32号機が導入された。従来機と同じくモノクラスのコンフィギュレーションで運航されている。

JA04FJ(Cn:17000129) フジドリームエアラインズ Embraer170-100STD 登録日:10月6日
FDAの4号機はグリーンのE170で、以前はデルタコネクション(リパブリック航空)で活躍していた中古機である。
機材が4機に増え、10月31日からは福岡-小牧線の運航を開始している。

JA219J(Cn:17000315) ジェイ・エア Embraer170-100STD 登録日:10月7日
こちらは新造機。J-AIRが確定発注したのは10機のため、残る導入機は1機(JA220J)となる。
またオプションで5機が発注されているが、JALでは機材のダウンサイズが進められているため、確定発注に切り替えるであろう。もしかしたらE175に変更となる可能性も否定出来ない。

JA05FJ(Cn:17000317) フジドリームエアラインズ Embraer170-200STD 登録日:10月21日
FDAの5号機は、ストレッチ型のE175となり、ボディーカラーはオレンジとなった。5機目の導入により、十分な余裕を持った運航ができるようになったため、チャーター便の運航なども検討されている。

JA652J(Cn:40364/Ln:995) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 767-346ER 登録日:10月27日
前述のJA651Jとともに、最新のキャビンを装備した機体。JA622Jまでの機体とは運用が分けられているものの、座席数がほぼ同じということもあり、代打運用もしばしみることができる。
続くJA653Jは製造が進められており、2011年1月1日より運航を開始するとの情報あり。


JA73NC(Cn:31743/Ln:3450) スカイマーク Boeing 737-8FZ 登録日:10月29日
SKYは3か月連続で新造機を導入。ウィングレットのマークは『さくらんぼ』を採用。11月5日より運用についている。
JA73NDは11月末~12月上旬に納入予定とされている。


JA63AN(Cn:33901/Ln:3449) 全日本空輸 Boeing 737-881 登録日:10月29日
こちらは月末恒例、書くまでもないANAの737-800である。小糸問題の影響で、JALと同じくモノクラスでの導入が継続中。

☆抹消登録機:8機☆
JA8086(Cn:25308/Ln:885) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:10月1日
JA8076(Cn:24777/Ln:797) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:10月13日
JA8083(Cn:25213/Ln:844) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446D 抹消日:10月15日
JA8073(Cn:24425/Ln:767) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:10月19日
JA8074(Cn:24426/Ln:768) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:10月27日
今月のジャンボの抹消機は5機。国際線から4機と国内線から1機である。

JA8086は1991年11月導入。エアセール社に売却、N238ASとなった。


JA8076は1990年3月導入。エアセール社に売却、N473ASとなった。

JA8083は1991年10月導入。JALドリームエクスプレス21では『ファミリー号』として運航された。N894DBに登録番号が変更され、10月21日にアンカレジ経由でウォルナットリッジへフェリーされた。


JA8073は1990年2月導入。エアセール社に売却、N412ASとなった。


JA8074は1990年2月導入。エアセール社に売却、N264ASとなった。


エアセール社に売却された機体はすべてロズウェルへフェリーされ、それぞれが部品取りとなる模様。また、DLが状態の良い機体を引き取り、自社の老朽化した747を退役させるという噂も出ている。

JA8556(Cn:53301/Ln:2082) JALエクスプレス Boeing MD-81 抹消日:10月18日
JA8294(Cn:49820/Ln:1598) 日本航空インターナショナル
                      Boeing MD-81 抹消日:10月21日
9月30日いっぱいで運航を終えた2機のMD-81は、それぞれ10月半ばに登録を抹消された。
先に抹消されたJA8556はN821AGに登録番号を変更され、11月10日にブランズウィックへフェリーされた。こちらは製造念が新しく機齢も若いため、今後も活躍する可能性がある。


ラストフライトを飛んだJA8294は、N524PTとなって、アレジアント航空に売却された。
キングマン空港にフェリーされたものの、既に売却された僚機とともに、残念ながら部品取りとなる模様。
ja8294.jpg

JA8527(Cn:724) 日本航空インターナショナル
                      Airbus A300B4-622R 抹消日:10月22日
今年度中の完全退役が予定されているエアバスA300に、ついに登録抹消機が発生。
今回退役したJA8527は1995年4月に、13号機として導入された機体で、10月1日にフランスへと旅立った。
製造から15年しかたっていないこともあり、貨物機に改造されて活躍するのだろうか…?
ja8527.jpg


今回は久々に大量登録・大量抹消となった。
しかし、依然として抹消機はすべてJALグループであり、なかでもA300の退役が開始となったことの衝撃は大きいと思う。
また、登録された機体はすべてが中型機以下であり、大型機の登録が一切なかったのも最近の傾向といえよう。
<<747については後日追記する予定です。>>


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
ご覧いただきありがとうございます。クリックもよろしくお願いします!

機材の動き 【2010年9月:4機登録・6機抹消】

★新規登録機:4機★
JA619A(Cn:40564/Ln:993) 全日本空輸 Boeing 767-381ER 登録日:9月1日
ANAの767としては88機目となるJA619Aが2か月遅れで導入された。
これは、ボーイング787の納入延期対策として昨年5月に追加発注された9機(JA619A~JA627A)のうちの1号機で、本機より燃費向上のため主翼端にウィングレットが取り付けられることとなっている。これにより、年間5%の燃費向上となる。
この改修工事は羽田のメンテナンスセンターで行われ、間もなくロールアウトする模様。なお、これらの改修工事は、既存の-300ER型全機(除くBCF改修機)に行われることとなっている。
また、機内は新仕様となっていて、ビジネスクラスには「ANA BUSINESS CRADLE」が採用されており、11月6日より国際線での運航を開始する予定。

JA73NB(Cn:36848/Ln:3394) スカイマーク Boeing 737-8HX 登録日:9月9日
スカイマークでは先月に続き、15機目の新造機が登録された。ウィングレットのマークはトランプシリーズが2巡したため、ピンクのチューリップが描かれている。9月13日に日本に到着した後、9月20日より営業運航を開始している。


JA218J(Cn:17000314) ジェイ・エア Embraer170-100STD 登録日:9月22日
5か月ぶりに、E170の新造機が納入された。今までと仕様変更はないが、増備により11月より羽田-山形線に新たに就することにもなっている。
J-AIRが小牧から撤退するのに伴い、本機のベースは順次、大阪伊丹(現在は伊丹-仙台・福岡・長崎のみ就航)に移ることとなった。

JA62AN(Cn:33899/Ln:3414) 全日本空輸 Boeing 737-881 登録日:9月28日
12号機が登録されたANAの737-800。9月30日に羽田に到着し、旧整備地区のハンガーに格納されている。
機内はモノクラス176席仕様となっている。なお、シートピッチは日本で737-800を運航している3社で最も狭い。

☆抹消登録機:6機☆
JA8071(Cn:24423/Ln:758) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:9月16日
JA8919(Cn:27100/Ln:1236) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:9月16日
JA8901(Cn:26343/Ln:918) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:9月17日
JA8075(Cn:24427/Ln:780) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 747-446 抹消日:9月21日
9月は4機のジャンボが登録を抹消された。

JA8071はJALの747-400の初号機として導入された機体で、1990年4月1日から羽田-福岡・那覇線で就航した。国際線投入後は、欧米線で華々しい活躍をした。エアセール社に売却、N344ASに。

JA8919は-400の31号機として1999年12月に導入された。2005年の新塗装化時には、「YOKOSO! JAPAN」の大ロゴが入れられたため、標準塗装は経験していない。登録抹消後、トランスアエロ航空に売却され、N919UNに。


JA8901は1992年夏に受領したものの、湾岸戦争による景気後退の影響を受けて1年半アメリカでストアされていた。ビッグエクスプレス仕様の機体として導入された。エアセール社に売却されN364ASに。

JA8075はJALが最初に導入した5機のうちのラスト導入機。導入直後はパイロット慣熟飛行のため、アジア路線をひたら往復したが、その後JFK線に投入。晩年は改修され、再びアジア路線で運航されていた。


JA8374(Cn:53043/Ln:1982) 日本航空インターナショナル
                      Boeing MD-81 抹消日:9月27日
1992年に導入された比較的新しい機体。オールホワイト塗装で旧整備地区でストアされていた。JEX便としてのラストフライトに充当された。
残るはJA8556とJA8294の2機。9月30日のラストフライトには後者が使用された。


JA633J(Cn:35818/Ln:960) 日本航空インターナショナル
                      Boeing 767-346F 抹消日:9月29日
2007年10月に導入された、767-300Fの最終号機。今月の貨物専用機運航終了に伴い、リースバックされた。3年に満たない運航期間であったが、チリのLANカーゴに売却され、ウィングレット取り付けなどの整備を経て今月中に新天地で活躍を再開する模様。
残りの2機も同様にLANカーゴの売却されるほか、747-400Fについてはキャセイカーゴへの売却が決定している。

●予約登録機:19機●
JA821A~JA825A 全日本空輸 ボーイング787-8
JA827A~JA840A 全日本空輸 ボーイング787-8
ANAのボーイング787が19機分予約登録された。すでに予約済みのJA801A~JA820Aと合わせて、39機が予約済みとなった。
なお、欠番のJA826Aは青森県警ヘリ「はくちょう」(Bell 412EP)に使用されている。
予約登録していない機体はあと16機だが、JA8xxAは埋まっている番号も多い。隙間を縫って登録されるのだろうか。

いよいよ、JAL機の売却が本格化してきた。
なお、747-400のエアセール社への売却機は残念ながらエンジンの部品取りとなる模様

このほか、旅客機以外としては、航空大学校訓練機としてビーチクラフトG58バロンが5機新規登録された。また、東京消防庁のJA9980「つばめ」(SA365N1)が航空の用に供さないとして登録抹消された。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へにほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へブログランキング・にほんブログ村へ
↑いずれか1つ、クリックをいただけたら幸いです。↑
ご協力をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

NEXT≫
プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。