スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアバスA300-600R、ついに引退!

えーっと 完全にブログやる気が失せてました。何が更新再開だよ…、ほんとにすいません。
なんかネタがあった時は最低限書くつもりでいたのですが、バイトから帰ってくると疲れててそのまま寝ちゃったりw
言い訳はこの辺にして、今日の記事を。

今日5月31日、JAS時代も合わせて20年間日本の空で活躍してきた、エアバスA300B4-622R(A3R/AB6)がラストフライトを迎え、その歴史にピリオドを打ちました。



同機は、エアバス最初の旅客機であるA300B2と、ハイテク2人乗務機として開発されたA310の技術を合わせた機体で、1988年から活躍しています。
日本では、1989年に当時の日本エアシステムが7機発注しました。初号機JA8375はその2年後、1991年4月に受領、7月から東京~青森・新千歳線で運航が始まりました。
最終的に、22機が導入され、途中日本航空との経営統合があったものの、そこまで古い機体ではないということもあり当面安泰と思われましたが、日本航空の倒産、その後の経営再建の一環として機材整理が進められることとなり、旧JASから引き継がれたA300-600Rはあえなく引退することになりました。

当初は3月13日に退役記念チャーターフライトとして羽田~中部を飛んだあと、3月26日いっぱいで引退する予定でしたが、3月11日に発生した東日本大震災による東北地方救援のため、一旦は退役が無期限延期となりました。
しかし、東北自動車道や東北新幹線、在来線も運転を再開をし、空路の重要性も次第に下がってきたため、5月いっぱいでの退役が決まりました。

JAS時代から「エーサンアール」の名で親しまれ、JALになってからは「エービーシックス」という名前も付けられたり。
コクピットウィンドウの下の、日除けの役目を果たす黒塗りは、このA300シリーズがJAS時代からの特徴モノでした。JAL塗装になってからも黒塗りは引き継がれ、顔をより引き締めていました。
また、従来のA300とは違い、主翼端にウィングチップフェンスが装備されたのも特徴の一つです。小さく見えるこの小翼ですが、近くで見ると意外に大きいんですよね…。
ほかにも、主翼が胴体のほぼ中央から出ていたり、後方の床面が上向きに反っていたりと、見る方、乗る方、どちらも楽しませてくれる飛行機でした。

最近は最終導入機のJA016Dが、青森往復(JL1201/JL1202)~秋田往復(JL1263/JL1264)~青森往復(JL1207/JL1208)という流れで飛んでおり、今日もその流れでフライトとなりました。
というわけで、ラストフライトは必然的に青森~東京線のJL1208便となりました。奇しくもA3Rの歴史が始まった路線が花道となりました。

到着予定時刻は18時45分。東京アプローチには18時23分にコンタクトし、最初はRWY34Rに誘導されましたが、その後なぜかRWY34Lに変更。おかげで地下通路を走らされる羽目に…。
18時45分、RWY34Lへの着陸許可が発出され、18時47分、タッチダウンし、ラストフライトを終えました。

充当機材はJA016D。導入時にはJALとの経営統合が決まっていたため、唯一レインボー装をまとってい無い機体です。
当初の予定では初号機のJA8375が飛ぶ予定でしたが、フライトサイクルの関係で今月初めの戦線離脱、最後は中部チャーター充当予定だったJA8563とこのJA016Dが残っていました。

今日もむりやり撮影に行ってきました。以下汚い写真が並びますw

ファイナルアプローチ! 他のトラフィックはすべてRWY34Rに回されたため、A3RだけがA滑走路に降りてきました。
見慣れた風景も今日が最後。


ファイナルタッチダウン。手前にANAのB6がかぶってしまったのが悔やまれるところ…。


リバーサーをかけ、スポイラーを立てて減速。結局、国際線エプロンには一度も入ることはありませんでした。


A8誘導路からランウェイを抜けます。


かなりぶれましたが、最後の最後にアンコリゲット☆ そのまま21番スポットへとタキシングを続けます。

到着後、A3Rの乗員の方たちのお出迎えがあったりしたそうです。
今日の搭乗人数は262名。100%とはいきませんでしたが、最終便は90%もの搭乗率でした。別れを惜しむファンの方の姿も多かったと聞きます。

今回の震災救援では、LD-3コンテナを並列搭載できる点や、300人程度乗れるという大きな輸送力が力を発揮し、予想外にも退役が伸びてしまいました。原因が原因だけに、決して喜ばしいことではありませんが、改めてワイドボディ機の有用性が認識されたと思います。
しかし、その後継機種と言うべきものは、737-800や787導入に伴う767-300ERの国内線コンバート機で、輸送力で見れば明らかにA3Rに劣っています。しかも、初期導入の767-300のほうがA3Rよりさらに古いので、本当に退役が悔やまれます。

A3Rはこれといった退役イベントもないっま、順次海外へと売却されていきました。そして、その多くが第2の人生を歩むそうです。一部は貨物機に改造されるそうですが、それでも空を飛び続けられるのは幸せなことだと思います。

20年間という、決して長い期間ではありませんでしたが、本当にたくさんの思い出を残してくれたいい飛行機だったと思います。
20年間の感謝をこめ、ありがとう!


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

春の収穫祭@セントレア 隣の国から・午後の部

またもや更新間隔が空いてしまいましたが、午後の部。


中国南方航空 Airbus A319-132 B-6160 (12:03)
午後イチは出発の大連行のCZ620便。これは初物のA319。スマートなV2500エンジンがカッコいいですね。CFM56はry


中国南方航空 Boeing MD-90-30 B-2252 (12:12)
こちらも当然初物、長春から到着のCZ691便。国際線でMD-90ってのが新鮮です。そもそもセントレアに定期就航しているのを知りませんでした…。


中国東方航空 Airbus A320-232 B-6713 (12:23)
上海・浦東からのMU529便。こちらもスマートなV2500エンジンを搭載。MUも初めはCFM56を使っていましたが、途中からなぜかV2500に転向。絶対こっちの方がいい!


アシアナ航空 Airbus A330-323X HL7746 (12:28)
午前中に到着した便の折り返し、OZ121便ソウル・仁川行。降りは18でしたが、上がりも18でした。

この後、JR東海の「リニア鉄道館」へ行ったため、夕方まで写真はありません。。。。

アシアナ航空 Airbus A330-323X HL7746 (18:23)
またもやHL7746。OZ123便のソウル・仁川行。同じ機体でソウル~名古屋を2往復するようです。今度は36から上がっていきました。

そして夜になり…。


キャセイパシフィック航空 Boeing 777-367 B-HNK (20:28)
30分以上早着した香港からのCX532便。前日はA330でしたが、この日は通常型トリサンで飛来。羽田でもよく現れますが、ほんとにキャセイの機材繰りは謎です…。


チャイナエアライン Airbus A330-302 B-18303 (20:42)
台北からのCI150便。アシアナと違い、同じ機体が戻ってくるというわけではありません。というかそれだと無限ループに…w


大韓航空 Boeing 747-4B5 HL7493 (20:52)
ラストは、ソウル・仁川からのKE751便。やはりジャンボです。Bゾーンに「KOREA」と書いた何かのロゴシールが貼ってありました。画像はめっちゃ劣悪ですが参考までに。
朝飛んでった機体とは違い、ロゴは小さいままでした。

とまぁ国際線機はこんな感じ。
次回は国内線を、いろんな観点から書いていきます。まだ構成を考えていないのであれですが。。。。

そのまえに「機材の動き:2011年4月分」を更新すると思います♪

それでは~ノシ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

春の収穫祭@セントレア 隣の国から・午前の部

こんばんは。
またまた更新間隔が空いてしまいました^^; 今日はお隣の国、中国や韓国の会社の飛行機です。

写真の枚数が多くなるので、まずは午前中の写真です。

エアホンコン Airbus A300F4-605R B-LDB (08:04)
この日3番目の到着機は、成田でもお馴染み、「イエローテイル」のA300フレイター。


中国東方航空 Airbus A321-211 B-6330 (08:51)
上海・浦東経由西安行のMU292便。MUのA321は当然ながら初物。一時期羽田線もダウンサイジングという話もありましたがそんなこともありませんでしたね。


中国東方航空 Airbus A321-211 B-6367 (08:58)
続いては青島経由北京行のMU744便。同じA321が続けて上がっていきます。ただし、方面が少し違うのかな…?


大韓航空 Boeing 747-4B5 HL7461 (09:42)
ソウル・仁川行のKE752便。ジャンボは毎日夜に到着し、ナイトステイして朝便で出発していきます。KEはDLと並んで、その威厳あるジャンボジェットの姿を毎日見ることができる会社です。


チャイナエアライン Airbus A330-302 B-18309 (10:14)
続いては台北・桃園行CI151便。アジア行はだいたい30分ぐらいずつ間隔をあけて出発していくため、飽きることはありません。


キャセイパシフィック航空 Airbus A330-343X B-HLO (10:18)
お馴染みのA330で運航される、香港行CX533便。できる事ならoneworld塗装が見たかったんですよね…。


アシアナ航空 Airbus A330-323X HL7746 (10:55)
ソウル・仁川から到着したOZ122便。この日は旧塗装でやってきました。この機体、以前成田で撮影していたようです。A330は新塗装より旧塗装のほうが似合うような気がしなくもないですが、この塗装はどうも垢抜けないと思います…。


済州航空 Boeing 737-86N HL7796 (11:54)
午前中ラストはソウル・金浦から到着の7C1682便。-800でウィングレットがついているのにアイブローウインドウがあることに若干の違和感が。やはり737NGはアイブローがないほうがカッコいいですね。
ちなみに、NGとそれ以前ではピトー管の位置が違うために、同じアイブロー付でも若干顔つきが変わってるんですよ☆

というわけで午前の部はこんな感じ。
関東で見ることができないのは済州航空ぐらいでしょうか? でも今夏から成田に就航するんだったような…。

午前のセントレアは適度にトラフィックが保たれていて、なかなか飽きが来ない空港ですね(笑)


次回の記事は「隣の国から・午後の部」です!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

春の収穫祭@セントレア 国際線の飛行機たち

こんにちは。

さてさて今日は国際線の飛行機の写真を載せていきます。枚数が多くなりすぎるので、とりあえず中韓系以外ですが…。

朝一で降りてきたのは、塗装が個性的なこの飛行機。

ベトナム航空 Airbus A321-231 VN-A353
A321は成田発の路線にも投入されていますが、撮影したことはありませんでした。というわけでここセントレアで初ゲット。
緑とも青ともいえぬこの塗装、天候や、撮影後のRAW現像の段階での補正のかけ方次第では大きく色が変わってしまうのが悩みどころです。

続いても初物。

タイ国際航空 Airbus A330-343X HS-TEQ “Si Ayutthaya”
TGの成田線はジャンボやトリプルばかりなので、330を撮ったことは当然ありません。
この日飛来したのは3月に納入されたばかりの機体。とはいっても、2009年に引き渡されてしばらくストアされていたそうです。愛称は世界遺産でも有名な「アユタヤ」です。


シンガポール航空 Airbus A330-343X 9V-STD
SQの330は以前関空でも撮影したため、初物ではありませんが、関東では貴重な機体でした。
とは言いつつも、昨今の状況により羽田にも就航しており、さらに成田線にもそのうち就航するようで、SQではトリプルに代わって一番メジャーな飛行機になりましたね。。。。

セントレアでは初物がたくさん。

フィンエアー Airbus A330-302X OH-LTO
新塗装は成田でも撮りましたが、そちらは340。というわけで330の新塗装は初物です。とは言いつつもエンジン以外一緒じゃねーかという突っ込みが(笑) まぁコンフィグが違うので成田にはほとんど来ませんがね…。


ルフトハンザ・ドイツ航空 Airbus A340-311 D-AIGH
セントレアではフィンエアーと並んでたった2社しかこない欧州線。こちらはフランクフルト行LH737便。
成田ではなかなか見られなかったA330-300ですが、最近のダウンサイジングの影響で成田にも来ていたわけで、初物ではなくなりました…。


フィリピン航空 Airbus A330-301 RP-C3337
成田でもおなじみのPRの330。特にこれといったことはありませんが、海バックだと飛行機がいきいきして見えます…。


デルタ航空 Boeing 757-251 N549US
成田でもおなじみ、DLのB5です。この便はグアム行のDL626便。幸いにも?ウイングレット付の機体を撮ることができました。


コンチネンタル航空 Boeing 737-824 N35236
ユナイの塗装は来なかった…。良いのか悪いのかわかりませんが、B38は成田でも頻繁に見れますからリベンジはしたいですね。
そもそもB38にユナイロゴっているのか?www

このあと10時半ごろにランチェン発動。


デルタ航空 Boeing 757-251 N550NW
今度は成田行のDL610便。国際線扱いですが、実質は国内線。ただし乗継専用便なので、セントレアで出国手続きを行うそうです。
プッシュバック後、前脚にマイナートラブルがあったようでしばらく動きませんでしたが、無事出発。


デルタ航空 Boeing 747-451 N662US
DLのジャンボはNW時代からの常連で、日本ではおなじみの機種。セントレアではKEジャンボとともに双璧をなす存在だったりします。まぁこいつも成田でry

この後、「リニア・鉄道館」に行くためセントレアを離脱しました。
帰ってくると、北からの20ktほどの強風が吹き続けていて寒いのなんの。当然ランウェイも36に戻っていました。

帰ってきてから1時間ぐらいはトラフィックも少なく、すべて国内線…。

フィリピン航空 Airbus A330-301 RP-C3330
伊勢湾に沈む夕日と絡めて撮ってみました。大柄な機体ながら、A6-TWYでさっさと離脱したため、グッドポジションで撮れました♪


コンチネンタル航空 Boeing 737-824 N14249
締めはCOのB38。若干遠いですが…。
かつては「エアマイク」だったコールサインも今では「コンチネンタル」に。そして来年には「ユナイテッド」になるのでしょうね。
それにせよセントレアの夜景はほんとに美しいです。。。。

さてさて今日はこんなもんでオシマイ。
次回は中国・韓国系の国際線機を載せていこうと思います~。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

春の収穫祭@セントレア!!

こんにちは。今日からは「春の収穫祭」と題して、様々な飛行機の写真を載せていきたいと思います☆

本格的なセントレア遠征はこれが初めて。
予定通り、3日に茨城からのBC069便上がりで、1泊後、セントレアで1日中撮影し、深夜のBC062便で羽田に戻ってきました。
まぁ、4日は途中でセントレアを離脱して、JR東海の「リニア・鉄道館」も行ってきましたが。。。
それにしてもゴールデンウィーク中とあってどこもかしこも激混みでしたよ。

さてさて、今日は今回の遠征で「肝」となった、いくつかの機体の写真を上げ、その後、その他もろもろの機体の写真を上げていきます…。

まずはコイツ。

ボーイング(アトラス航空) Boeing 747-4J6 LCF N747BC “DREAM ) LIFTER”
一生に一度は見たいと思っていたドリームリフター。直前まで飛来することを知らなかったため、うれしさ倍増です。
この日は定刻(20時40分)から約30分遅れて到着しました。飛来したのは4機あるうちの1号機でした。
ドリームリフターが到着した直後、待ち構えていたかのようにカメラとレシーバーの電池がなくなりました。(もっとも、カメラは機内コンセントで充電できましたが…。)


中国国際航空 Boeing 737-86N B-5177 “赤紫牡丹”
日本初飛来?の、エアチャイナの新しいスペマ。B-2642とも少し違う色合いの、牡丹系では9機目となるスペマ機です。
このためにセントレアへ出撃した人も多かったようです…。
中国系のスペマは派手で奇抜ながらも、意外にセンスがあって好きなのは私だけでしょうか…


JALエクスプレス Boeing 737-846 JA337J “がんばろう日本”
5月上旬現在、B3では3機がこの鶴丸塗装で活躍しています。2日にJA302JとJA338Jは見ていましたが、見ていなかった残りのJA337Jも、いい天気の中撮影することができました。
この塗装も見慣れると意外とカッコいいものです。ウィングレットはホワイトではなくシルバーに塗ってあるのもアクセントでしょうか? どうせならここにも鶴丸を入れてほしかったような…。


日本航空 Boeing 767-346ER JA613J
これは3日に撮影したもの。ホノルル行のJL84便に充当されていたB6です。どうも前日はJ.E.D.ロゴ入りのJA614Jだったそうで、2日連続の鶴丸とかとても羨ましいですね。。。
しかもいまだにJA614Jだけ見ていないわけで、すごい悔しいです(苦笑)


日本トランスオーシャン航空 Boeing 737-4Q3 JA8526 “JTA×琉神マブヤー クーバ―ジェット”
3日に就航したばかりのマブヤースペマ第3弾の機体。就航翌日に撮影できるとは思ってもみませんでした。そもそもマブヤースペマと知ったのも帰宅してから。
とにかくなんか珍しいのが来たので撮っておいたって程度でした(笑) ちなみになんとなくスペマが来る気はしてたんですよね…。


エアーニッポン Boeing 737-881 JA55AN “心をひとつに、がんばろうニッポン”
実はこのスペマも初撮影。セントレアでは1日張っていると、ANAのB38が10機ぐらい来るようで、羽田で待つよりもはるかに効率がよさそうな感じです。



スカイマーク Boeing 737-82Y JA73NE
この機体は以前羽田でも撮りましたが、その時はインタミから1タミ方向を眺める程度だったので、近くで撮るのは初めてです。
当然ながら、帰りの搭乗機もこいつになるわけで、3日にスカイマークの職員さんに教えてもらった時はとてもうれしかったですね!なんてたって一番新しい機体ですから。
ちなみに教えてもらった彼は高校の先輩で、茨城空港の地上職員として働いています(笑)

というわけで今日はこんな感じで。
次回は国際線の飛行機とかを載せていきたいと思っています。そちらも収穫がいっぱいでした!

それでは~^^ノシ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

NEXT≫
プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。