スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、然別湖温泉へ 【2日目】

翌日、5時半前に目が覚めました。
何と言っても北海道、そして山の上。関東に慣れている私からすると、ただただ寒いのです…。
ちなみに、湖の標高は810mで、北海道で最も高い位置にある湖だそうです。

そして、8時半に宿を後にします。
帰りのプランは何の権限か勝手に私が練ることとなり、糠平湖にある旧国鉄士幌線タウシュベツ橋梁を見る、1日に列車が1往復しかない石北本線上白滝駅に行く、旭川空港の隣にある美味しいアイスが食べられる牧場に行く、という4つの柱で実行することに。

まずは、鹿追市街から続く道道85号線を北上するわけですが、温泉以南と比べると道の幅は半分に、しかも湖畔沿いの高台を走るため道はくねくねになります。それでも山を越えるために急な坂になっていて、冬季は通行止めになってしまいます。
sikari_0812_0.jpg
ひたすら坂を上り、標高1081mの幌鹿峠を越えていきます。

糠平市街で国道273号線と合流し、ぬかびら温泉郷を抜け、糠平湖沿いに北へ。
道路と並行するようにして、旧国鉄士幌線の新線跡があります。そのため、国道には橋梁跡などを見るためのスポットが設けられています。
そして、タウシュベツ橋梁が見れるポイントへ。ちなみに橋梁は旧線の方になります。
sikari_0812_1.jpg
国道から200mほど湖側に進むと、展望台が設けられ、このように見ることができます。
夏は貯水しているため、橋の全体を見ることはできませんでしたが、秋ごろはダム放水が行われるため、全体が見れるようです。

sikari_0812_2.jpg
展望台へ行く道の途中には、このように新線跡が見受けられます。当然、境界杭も打ちこまれ、杭の脇には「国鉄事業団北海道支社」というポールも刺さっていました。

再び国道に戻ります。
sikari_0812_3.jpg
両脇を白樺にかこまれ、ひたすらまっすぐな道が続いています。ちなみに、右側の開けているところが、士幌線の終点、十勝三股駅があった場所です。

sikari_0812_4.jpg
今までまっすぐな道でしたが、峠に近づくにつれ、坂もカーブもきつくなってきます。

そして、北海道の一般道路最高地点である三国峠に到着。
sikari_0812_6.jpg
標高は1139m 筑波山よりも高いです。

sikari_0812_5.jpg
峠からはこんな感じに見えます。写真では一部だけですが、実際は左右にも視界が開けていて、まさにパラダイス。

三国峠で休憩した後、再び車を走らせます。山の上だけあって天気は変わりやすく、雨が降ったりやんだりでした。
sikari_0812_7.jpg
展望台のすぐ北側は三国トンネルになっていて、写真を見てもわかるように、トンネル内に最高地点があるようです。
このトンネルもひたすら下り坂になっていて、全長は1152mあるそうです。国道だけあって、峠道ながらもきちんと整備されている感じでした。

石狩川にある大雪湖を超えると、国道39号線と合流。層雲峡へ向け、さらに坂を下ります。
層雲峡のそばにある銀河の滝などは、トンネルになっているため全く見えませんが、旧道側に行くとそばまで行ってみることができます。

sikari_0812_8.jpg
そして層雲峡温泉を通過。国立公園の中なので、国道沿いには茶色一色のセブンイレブンがあったりします。

上川市街まで来たところで、上白滝へ向け、旭川紋別自動車道を走ります。自動車道と名はつくものの、無料通行になっています。有料にしたら多分誰も通らないんじゃないかと思うぐらい車は少ない感じです。

途中、車窓左手には、石北本線上越信号場が見えました。その先もひたすら東に進み、奥白滝ICで、併走する国道333号線へ。
奥白滝ICの近傍には、奥白滝信号場もあり、かつての駅舎も残されていました。
そして、石北本線をオーバークロスしすぐのところに、上白滝駅はありました。

sikari_0812_13.jpg
国道からは、遠軽町道上白滝駅前線で駅前へ行くことができます(笑)
国道を挟んで反対側には1軒の商店があるのみ。あとはポツポツと人家があります。

駅舎はこんな感じ。
sikari_0812_9.jpg
ちょうど近所の人が草むしりをしていました。

sikari_0812_10.jpg
7時4分と17時8分の上下1本ずつしかない時刻表。ある意味新鮮です。

sikari_0812_11.jpg
駅名表。こんな秘境駅にもきちんと駅ナンバリングがされています。隣の上川駅までは、営業キロで34.0kmも離れています。夕方の旭川行は、上川駅まで1時間8分もかかるそうで、1区間では最長所要時間になっています。(この区間の表定速度は30.0km/h)

sikari_0812_12.jpg
ホーム上から旭川方を見ます。のどかです…。

上白滝駅を後にし、今度は白滝ICから旭川紋別道へ。上川も越え、愛別ICで一般道へ。道道140号線を南に進みます。
途中、道の駅とうまで休憩。なんとかボール発祥の地って書いてありました。ちなみに、温度計は25℃と表示されていて、その涼しさにびっくり。
そのあと、石北本線を渡る踏切は複雑怪奇になっていて一同ビックリ。

まぁ地図を見ても詳しくはわからないでしょう。写真を撮ればよかったです…。

その後、道道37号線に入り、ひたすら道なり。そして、旭川空港が見えた所で左折。
今日の目的地である『アイス工房田村ファーム Clover』に到着。
sikari_0812_14.jpg

ここのメインは新鮮なソフトクリームですが、そのソフトクリーム以外にも十数種類のアイスクリームがあり、組み合わせて食べることもできます。私はソフトクリームと、抹茶アイスを組み合わせたサンデーを頂きました。
sikari_0812_15.jpg
携帯で撮った写真ですが、こんな感じ。牧場直営、しぼりたての牛乳をそのままアイスにしているそうです。
交通手段が空港行のバスぐらいしかないのが残念ですが、空港ターミナルからは徒歩10分程度。
アイス好きな人はぜひ行ってみるべし、って感じです。

まだまだ続きますが、長くなるので、今日はこの辺で。あ、もう十分長いですね。失礼しました^^;

※この記事は自動更新です※

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

いざ、然別湖温泉へ 【1日目】

北海道、父の実家は空知管内雨竜町にあります。
昨年は、釧路管内弟子屈町の川湯温泉へ乗り鉄も兼ねて行きましたが、今年は車で十勝管内鹿追町の然別湖温泉へ行きました。

名前が表すように、然別湖畔にある温泉ですが、2軒のホテルが並ぶだけの比較的小さな温泉で、大雪山国立公園の中にある自然豊かな温泉です。

雨竜からは、いつも通り滝川へ出て、国道38号線で新得まで進み、そこから北上していきます。
途中、お昼頃に富良野を通るため、「富良野マルシェ」で一休み。私は歩いて富良野駅へ。
ちょうど、この時間には何本か列車がありました。
sikari_0811_1.jpg
帯広発滝川行の快速 狩勝 キハ40形の釧路車で運転されています。

sikari_0811_2.jpg
5番線には富良野・美瑛ノロッコ号が停車中。

sikari_0811_3.jpg
ホームのない1番線には、キハ183系のノースレインボーエクスプレスが留置されていました。

sikari_0811_4.jpg
富良野駅の北側にある跨線橋から十勝岳の方を望みます。

sikari_0811_5.jpgsikari_0811_6.jpg
ノロッコが美瑛に向けて発車していきました。

さらに国道38号線を東進し、樹海峠を越え、続いて立ち寄ったのが根室本線幾寅駅。
映画『鉄道員』の撮影が行われたところです。

sikari_0811_7.jpg
駅外観。本来の幾寅駅よりも、映画の中で登場する幌舞駅の看板の方が大きく掲げられています。

sikari_0811_8.jpg
ホーム側から見た出入り口。こちらも幾寅よりも幌舞です。

sikari_0811_9.jpg
駅の脇に展示されている、キハ12 23のカットボディ。車籍上はキハ40 764でした。『鉄道員』のヘッドマークもかなりボロボロになっています。

ザーッとみたところで再び国道をひた走ります。
sikari_0811_10.jpg
そして、狩勝峠へ。生憎、頂上の看板を撮影することはできなかった為、トンネルの写真で。

sikari_0811_11.jpg
景色はこんな感じ。旧根室本線があった時代には、日本三大車窓にも選ばれていただけあって、すごいきれいでした。
写真では見にくいですがね…。

国道で坂を降り切ったあたりで、右側にまっすぐな森がありました。何かと思ってカーナビを見ると、「狩勝実験線」と書いてありました。うちのカーナビは古いとはいうものの、そんな最近まであったのか?と思いつつ、線路跡を眺め、南へ走ります。

新得駅手前で左折し、国道から道道75号線へ入ります。道なりまっすぐに進むと途中で道道133号線となり、鹿追市街へ。役場の前で左折し、再び国道へ。今度は国道274号線です。
しばらく北上すると、右手には陸上自衛隊鹿追駐屯地が。ここには第5師団の要、第5戦車大隊が置かれ、正門脇には74式戦車が展示されていました。

北上を続け、道道85号線に入ると、両脇は陸上自衛隊然別演習場が現れます。
道をはさんで左右に広がっていることもあり、途中にはコンクリートで固められた、戦車が渡るための道が何本かありました。

この然別演習場は、扇ヶ原と言うところに設けられており、堂々の途中にある扇ヶ原展望台から一望することができます。
sikari_0811_12.jpg
この写真から見えるエリアは大体が演習場になっています。詳しい人ならすぐにわかるレベルで目標とかが置かれていました。

ここからさらに北上、道も狭く険しくなってきます。白樺峠を越え、然別トンネルを抜け、温泉へ到着となります。
途中寄り道などをしつつ、7時間ほどかけて到着することができました。ここに行くだけでもだいぶ楽しかったわけでして(笑)

sikari_0811_13.jpg
宿から湖を見た感じ。低層階だと、正直景色は微妙です。

ちなみに、ここ然別湖畔は、地上デジタル放送の「難視地域」にあたるため、衛星を経由して東京の放送をデジアナ変換したうえで放送されていました。
ただ、東京のテレビが映るとはいうものの、道東地域のため、テレビ東京は見れませんでした。(このときは、道東ではテレ東系列のTVhが放送されていませんでした。この何日か後に放送が始まりました。)

この後、温泉に浸かり、お料理もいただいて、翌日のプランを練り、就寝いたしました。
翌日の記事はまた明日。

※この記事は自動更新です※

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

2011年夏 千歳のデッキから~ 政府専用機編

千歳のデッキで、普通に民間機を撮っていたとき、背後から飛行機の音がしました。
過去、千歳のデッキで撮ってる時はお盆や土日だったりしたため、基地側で訓練をやっていることはなかったので、一瞬何が起きたのかと思いました。

振り返るとそこにいたのは政府専用機。
20-1101_0810.jpg
とっさに撮ったのでぶれてしまいました…。結構な急上昇を魅せます。

20-1101_0810_2.jpg
そして雲に突入。なんか神秘的と言うか…?

20-1101_0810_3.jpg
雲から抜けると、左旋回をして、千歳の管制圏を抜けていきました。

と、ここで思い出したのが、先ほど飛行機の中から見たジャンボの存在。
あんな低空ですれ違うことは今までなかったのですが、この政府専用機のT/Gとすると納得がいきます。

そして、レシーバーを自衛隊側に合わせると、F-15が出発の準備を整えていました。
流石にジャンボと比べるとその姿は小さく、まともに撮影できるものではありません。

しばらくしても政府専用機が戻ってくることはなかったので、再び民間側に集中。

1時間ぐらいたったころでしょうか。すっかり政府専用機のことは忘れていたのですが、音がして振り返るとその姿がありました。
20-1101_0810_4.jpg
今度は低空で30度近いバンクを見せつけられました。先日USTREAMでみた航空祭よりもなんだかんだで感激。
天気は最悪ですがね。。。。

そして40分ぐらいたって、再びアプローチする姿が見えました。
無線もきいていなかった為、どうせまたタッチアンドゴーだろうと思って、デッキにある階段の上で待機。
20-1101_0810_5.jpg
そして18L、通称イーストランウェイにアプローチ。

しかし、しばらくしても離陸する姿は見えず…。フルストップで訓練を終えてしまったようです。
もう一度カッコいい離陸を撮りたかったな、と思いつつ、再び民間機の撮影を続けました。

ほんと、天気さえ良ければ、の一言に尽きます。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

2011年夏 千歳のデッキから~ その3

連続更新の3記事目を行くとしましょう。

ja02fj_0810.jpg
フジドリームエアラインズ Embraer 170-100STD JA02FJ
昨年も千歳で見た水色の2号機。他の色が見たい…w

ja846a_0810.jpg
全日本空輸(ANAウイングス) Bombardia DHC-8-402Q JA846A
ただのダッシュ8です。Q400はスマートでカッコいいですよね…。

ra-67259_0810.jpg
SATエア Bombardia DHC-8-202Q RA-67259
日本ではORCのみが使用しているQ200。見た目はQ100と変わりありません。Q400と比べるとあり得ないほど寸胴です。

ja8029_0810.jpg
日本航空 Boeing MD-90-30 JA8029
引退が迫るJALのMD-90。千歳にやってくるのはこの広島線ぐらいになってしまいました。

b-5178_0810_3.jpg
中国国際航空 Boeing 737-86N B-5178 銀牡丹
折返しCA170便で北京へ戻る銀牡丹。個人的には、銀が一番似合ってるような気がします。

ja73ne_0810.jpg
スカイマーク Boeing 737-82Y JA73NE
スカイインテリアではない通常型ではラストの導入となった73NE。ウィングレットは♪です。

ja8982_0810.jpg
日本航空 Boeing 777-246 JA8982 JAL嵐JET
奥様方の注目の的、嵐ジェットがやってきました。定刻から30分ほど遅れています…。

ja8959_0810.jpg
全日本空輸 Boeing 747-481D JA8959
続くNH65便はノーマルジャンボ。さすがにピカチュウが来ることはありませんでした。

ja208a_0810.jpg
全日本空輸 Airbus A320-214 JA208A
成田からお世話になった機も、成田を経由して中部まで戻っていきます。国内線機よりも幾分少ない窓と、非常口が1つしかないのがポイント。国内では成田・中部・千歳でしか見ることができません。

b-16705_0810.jpg
エバー航空 Boeing 777-35EER B-16705
いつものごとくトリサンで来てくれました。影が薄い羽田便も330じゃなくてトリサンがいいのにな、なんて思ったり。

そして奥にいる真っ白なB6
n771qt_0810.jpg
タンパ・コロンビア航空 Boeing 767-381F N771QT
ノータイトル・オールホワイトでたたずむ1機のB6フレイター。カスタマーコードの81があらわすように、元ANAのJA601Fでした。
Nレジですが、コロンビアの貨物航空会社「タンパカーゴ」で運航されるようです。

最後に、残念な写真ではありますが…。
b-2317_0810.jpg
中国東方航空 Airbus A300B4-605R B-2317
MU279便で上海からやってきたのはA320やA330ではなく、A300でした。日本でもたまにしか見れないレアビジターです。ただ、かつて千歳には中国北方航空のA300が飛んできていたこともあります。ちなみにこの機体は中国西北航空で運航されていたものだとか。
これは車の助手席から撮ったものですが、出来ればもっとクリアに撮りたかった…。


と言うわけで、無駄に力を入れて連続3記事更新してみました。

明日からは、九州に繰り出して乗り鉄や飛行機の撮影などを楽しんできます!


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

2011年夏 新千歳のデッキから~ その2

その1より続きます。
依然として天気が快方に向かうことはなく、どんよりとした曇り空の中撮影を続行。雨が降ってこなかっただけ良しとしましょう。

ja773j_0810.jpg
日本航空 Boenig 777-246 JA773J
何の変哲もないJALのトリプルですが、今日初撮影なんですよね。。。。

ja737h_0810.jpg
スカイマーク Boeing 737-86N JA737H
SKYの記念すべき737初号機。だからどうした。

ja8984_0810.jpg
日本航空 Boeing 777-246 JA8984 エコジェット
ついさっきトリプルが降りてきたばかりなのにまた降りてきました。こんな間隔近い便ってあったっけ…?
しかもなんか合成写真っぽくなってる(苦笑)

ja755a_0810.jpg
全日本空輸 Boeing 777-381 JA755A
福岡からNH289便でやってきた元ガンダムジェット。だいぶ派手にタッチダウン。

ja737q_0810.jpg
スカイマーク Boeing 737-86N JA737Q
こちらはウィングレット初号機。赤ハートだから一瞬73NFかとも思いましたが…。

ja202j_0810.jpg
日本航空(ジェイ・エア) Bombardier CL-600-2B19(CRJ-200ER) JA202J
色褪せの激しいCRJ。新塗装はビルボードスタイルになるそうです。

b-18307_0810.jpg
チャイナエアライン Airbus A330-302 B-18307
CIはいつも通り330で飛来。

ja65an_0810.jpg
全日本空輸(エアーニッポン) Boeing 737-881 JA65AN
羽田では全く見ることのできない、59AN以降の『73M』の機体。羽田以外ではこちらの方がメジャーですね。

ja8956_0810.jpg
全日本空輸 Boeing 747-481D JA8956 お花ジャンボ
羽田からNH63便でやってきたのは、またまたポケモンジェット。カラフルなお花ジャンボです。
と言うことは…。

pokemon_0810.jpg
スポットではこういうことになります。羽田でもなかなか隣同士で並ぶことは少ないと思いますが、千歳で思わぬ並びを見るとこができました。
羽田よりも、デッキが低い分より近い感じです。

ja67an_0810.jpg
全日本空輸(エアーニッポン) Boeing 737-881 JA67AN
6月に納入されたばかりの、ANAグループでは最も新しい機体。66ANだけ撮れば-800もフルコンプです。

06-5645_0810.jpg
航空自衛隊 Kawasaki T-4 #06-5645
飛行隊ではもっぱら連絡機として運用されているT-4。これは201SQ所属機で、天候観測などをしている感じでした。


その3へ続きます~

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

NEXT≫
プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。