スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年冬 日本海縦貫旅行 Part 1

こんばんは。
かなり久々の更新です。やる気がないんです。暇はそれなりにあります。

さてさて、先月のことになりますが、18歳の誕生日を記念して?日本海縦貫旅行をやってきました。
乗るのは急行「きたぐに」と寝台特急「日本海」がメイン。折しも季節臨時列車への格下げが発表されましたが、この発表前から計画していたため、葬式鉄でもなんでもありません。

とある番組を見て583系に乗りたくなったところから計画は始まります。って書くと長いので書きませんが(笑)

さてさて、「きたぐに」は大阪を深夜に発車します。「能登」でもそうですが、夜行急行ならではって感じですね。
というわけでまずは大阪へ移動しなくてはなりません。普通の人なら新幹線を使うでしょうが、私のことなので飛行機を。しかも成田から搭乗です。理由は…。

さてさて、自宅を1月21日の14時に出発。
まずは常磐線3390M列車で我孫子へ。特別快速は我孫子に停車しないので、取手で1430H列車に乗り換え。
さらに我孫子で成田線859M列車に乗り換えて、成田駅へ向かいます。
成田空港へ行くにはこれは一番安く早い経路です。空港行のバスもありますが、高いのがネック…。

2012trip01_01.jpg
成田駅へ着くと、向かいに183/189系が止まっていました。1月なので、まだまだ成田臨が走っています。
調べたところ、田町所属のH61編成だそうです。

成田から空港までは成田線4233Fに乗車。E217系で空港へ行くのは初めてです。
家を出てから1時間40分弱、空港第2ビル駅に到着。雨ですがデッキにでて撮影。

2012trip01_02.jpg
全日本空輸 ボーイング777-381ER JA784A
しかしこのザマ。しかもケラレが目立ってます。管制塔からB滑走路北端(16Lエンド)が見えないらしく、滑走路を離脱したら報告するよう管制官がパイロットに対して要請していました。

土曜日ですのでこんな飛行機もいます。
2012trip01_03.jpg
エア・タヒチ・ヌイ エアバス A340-313X F-OSEA
飛行機もろくに見えないので、もう一つの趣味であるトーイングカーばっかり撮るという始末。

流石に大雨で嫌気がさし、視界もきかないので第1ターミナルへ。1タミから飛行機の乗るということ、1タミなら少しは滑走路に近いだろうという理由ですが、デッキには屋根がありません。。。。

1タミに来たはいいものの、飛行機が全く来ず、収穫はこれだけ。日没も近いため、暗くて暗くて…。
2012trip01_04.jpg
ユナイテッド航空 ボーイング747-422 N171UA
というわけでターミナル内をぶらぶらした後、出発1時間以上前ですが、保安検査を通ることに。
しかし、成田発のANA国内線はほぼ同じ時間に出発ということで、保安検査は大混雑でした。

私が搭乗する伊丹行NH2179便は端っこのHゲートから搭乗です。
2012trip01_05.jpg
ちなみに、8つのゲートのうち7つのゲートが出発準備中で、17時40分に2便、17時55分に4便、18時15分に1便が出発する予定になっていました。アメリカや欧州からの乗継にはちょうどいい時間なんでしょうね。。。。

出発の15分ほど前に搭乗開始。スポットは55番につながっています。
搭乗機はJA736Aです。もちろん777-300ERは初搭乗!
2012trip01_06.jpg
映りこんでますが、このアングルカッコいいと思いません?w

2012trip01_07.jpg
座席は16K。ビジネスクラス最後列で、Cゾーン(L/R3とL/R4の間)に位置します。

2012trip01_08.jpg
外は雨。窓に雨粒がついていますが、同時に光もきれいに反射してくれます。エルロンが下がってるのが気になるw

17時55分になり、出発かなと思ってもなかなか動きません。10分ぐらいたったころ、機長からのアナウンスで、空港混雑で管制からの出発許可が下りないため、18時20分ごろまで出発を見合わせますとの放送。
人生初のフローコントロール! 急ぐ旅でもないので、別に気が重くなるわけではありませんが、さすがに30分弱機内に閉じ込められるのはちょっとねぇ…。

結局、18時18分にブロックアウトしました。雨の中、グラハンさんたちが大きく手を振ってくれたのが印象的でした。
機は順調にB誘導路を通ってA滑走路の34Lへタキシングしつつ、フラップの動作確認などもしていきました。
しかし、A誘導路手前で停止し、今度は「離陸機順番待ちのため離陸までおよそ15分ほどかかります。」とのアナウンス。この便は9番目だそうで、途中SQのA380が降りてきたりと、余計に時間がかかったり。
そして、地上の為写真も撮れず、憂鬱な時間でした。

結局滑走路に入ったのは18時45分。搭乗から1時間以上経っていました。国内線の為軽々エアボーンするも、すぐに雲に突っ込み、そして雲中でさんざん揺さぶられました。
夜+雲ということで外も見えないので、ビジネスクラスシートを存分に楽しませていただきました(笑)

2012trip01_09.jpg
ベッド状態。水平ではないのでライフラットです。実際座って(寝て?)見ましたが、どんどん足の方にずり落ちていくんですねこれが。ベルトをきつくして何とかw

2012trip01_10.jpg
L3/R3間にはバーカウンター的なものが。にしてもトリプルのドアはデカい。

2012trip01_11.jpg
調子に乗ってシートモニターも出してみましたが当然使えません! こんどは使えるような路線に乗りたいですね。。。。
ちなみに写ってるのは当然ながら私のバッグ。

上空では偏西風に逆らって高度30000ftを飛行。
大阪伊丹空港のB滑走路32Rには19時38分ランディング。
2012trip01_12.jpg
19時42分、定刻から遅れる事28分、無事に13番スポットにブロックインしました。

2012trip01_13.jpg
前方にはファーストクラスが設置されています。国内線ではプレミアムクラスとして運用されているため、空席があれば+8000円でファースト座席を体験出来ちゃいます。

預け手荷物もないのでとっとと保安エリアを抜け、デッキへ。
2012trip01_14.jpg
全日本空輸 ボーイング777-381ER JA736A
搭乗機をパチリ。夜の空港っていいですね~。

2012trip01_15.jpg
全日本空輸 ボンバルディア DHC-8-402Q NextGen JA856A
偶然エコボンが通りましたが、肉眼では全く気づかず。あとで画像を見て気づきました。SS1/13でブレブレorz

2012trip01_16.jpg
日本航空 ボーイング777-246 JA8985 怪物くんジェット
怪物くんジェットも伊丹で初撮影。それよりJAS塗装に鶴丸を付けたWT500Eに方が気になってしまいました。
その後も飛行機は適当に、伊丹ならではのGSEをまじめに撮影してました。

2012trip01_17.jpg
成田から後を追ってきたJL3005便が隣に到着。こちらはJA736Jで、同じナンバーが並びました。

この写真を撮った後、デッキのベンチに衝突し、軽い脳震盪を起こしてぶっ倒れてしまいました(汗)
とりあえず痙攣をおこして5分は再起不能。しかも脚からぶつかったのでそちらもかなり痛い。

デッキでの撮影も切り上げざるを得ず、バスに乗って大阪駅へ。
阪神バスの西工02MC架装の三菱ふそう・MS8系でした。

20分ほどで大阪駅へ到着。
2012trip01_18.jpg
新しくなった大阪駅を撮ってみました。大屋根スゲーって思わず言葉に発してしまうほど。。。。

コンビニで夜食と明日の朝食を調達し、窓口で切符を買い、21時14分に入場。「きたぐに」発車まで2時間20分近くありますが、撮り鉄もしたかったので気にせず。しかし足が痛かったこと。
2012trip01_19.jpg
「きたぐに」は北陸線ホーム11番乗り場から出るようです。入線は23時03分と聞き、それまでは通勤電車を撮影。

前回関西へ行った際には出場直前だった225系。まずは阪和線の車両を撮影。
2012trip01_20.jpg
阪和・大阪環状線 4212M 関空・紀州路快速 天王寺行 225系ヒネHF504編成+225系ヒネHF515編成

関東では見る事すらできない103系もこちらではバリバリ現役。
2012trip01_21.jpg
大阪環状線 1639 内回り(西九条方面) 103系モリKM04編成
30N更新車でしょうか…?

そしてこの車両も初撮影。
2012trip01_22.jpg
東海道・福知山線 3025M 特急こうのとり25号 福知山行 287系フチFA06編成

東海道線系統の225系来ないなーと思ってると、阪和線に比べて在籍が少ないとのこと。
こうのとりを見送ってすぐにやってきました。
2012trip01_23.jpg
東海道線(JR京都線) 3318M 新快速 米原行 225系ホシY5編成+223系ホシW**編成

さてさて、この225系を見送ってからは動く気力もうせ、10番線で固まってました。
そして23時になったころ、「きたぐに」が塚本方からやってきました。しかし手前の回送電車に被られ入線は撮影できず。。。。
2012trip01_24.jpg
東海道・北陸・信越本線 501M 急行きたぐに 新潟行 583系キトB6編成
ついにあこがれの583系が目の前に。テンションが上がります。編成写真を何枚かとって、11番線へ移動。

2012trip01_25.jpg
もとシュプール編成ということもあり、ロゴは張り替えた様子。

2012trip01_26.jpg
そしていよいよ乗車! 8号車に乗車します。

2012trip01_27.jpg
デッキから客室へ入ってすぐ、ここが今夜の寝床。8号車1番中段。繁忙期はなかなか取れないいわゆる「パン下」寝台です。

2012trip01_28.jpg
室内はこんな感じ。惜別乗車ということもあってか、それなりの乗車率でした。

23時27分、定刻をもって大阪駅を発車。
新潟まで、東海道線・北陸本線・信越本線を経由して9時間2分の旅です。
まずは新大阪に停車。新大阪までの駅間はカメラで動画を撮影し、放送と車窓を録りました。
次の京都には日付が変わって0時ちょうどに到着。その後、大津、彦根、米原の順に停まっていきますが、疲れていることもあって彦根停車前には眠りについていました。

さらに列車は東進し、長浜、敦賀、武生、福井に停車。2時52分、1分遅れで小松に停車したところで目が覚めました。
しかし眠いのですぐ就寝。こんななか列車を運転する運転士、列車を守る車掌、そして停車駅の駅員などいろんな鉄道員がそれぞれの使命を果たしつつ列車を動かしているのだなぁ、とつくづく実感します。
3時11分には定刻で金沢に到着。この時も目が覚めました。時間調整のため36分も停車します。

金沢を出ると、高岡、富山、滑川、魚津、黒部、入善、泊と特急よりはるかに多く駅に停まっていきます。
それだけ需要があったという証拠でしょう。

次に目が覚めたのは糸魚川を発車した直後の5時半。すぐにデッドセクションを通過するため、車内が真っ暗に。これも貴重な体験になるでしょう。
ここからは寝ることもなく、直江津では31分停車なので降りて撮影をしたり、その後は洗面所へ行って顔洗って歯を磨いてといういつもと変わらない朝を迎えます。
2012trip01_29.jpg
寝台内も撮影してみました。

柿崎、柏崎、来迎寺と停まって長岡には7時15分着。ここでも1分しか遅れていません。長岡では多くの客がホームで撮影をしていました。飯山線直通の列車に乗り換える人もちらほら。
2012trip01_30.jpg
私もヘッドマークを撮影。

いよいよ旅もラストスパート。見附、東三条、新津と停まり、新津からは快速「きたぐに」となって、新潟へ。
途中亀田に停車し、終点新潟は定刻通り8時29分に到着。
日本海縦貫旅行をさらに北に進めるため、「いなほ」への5分乗り換えをします。鉄道マニアの一部からは神接続と呼ばれています。
2012trip01_31.jpg
ホームは隣ですが、いったん跨線橋へ上がらないとならないので面倒。。。。
とりあえず並びを撮影して、車内に入ったころには発車1分前になっていました。「きたぐに」が遅れるとこの乗継すら成り立たないので、大阪発車前はすごいハラハラしてましたが、乗り継げて一安心。

まだまだ続きます☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ にほんブログ村 鉄道ブログへ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!


スポンサーサイト
プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。