スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材の動き 【2010年12月:6機登録・10機抹消】

2010年も終わりの月になり、6機が登録され10機が抹消されました。

★新規登録機:6機★
JA334J(Cn:40349/Ln:3489) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:12月13日
JALグループの34号機。従来に引き続きモノクラス176席仕様での導入が続く。

JA34CA(Cn:8300) 新中央航空 Dornier Do228-212NG 登録日:12月13日
世界で初めて導入されたDo228のNGシリーズ。デザインは従来と同じながらも、各所で新世代化が行われており、コクピットもグラス化されたほか、エンジンが換装され5枚ブレードとなっている。新中央航空では5年ぶりの新造機導入となった。なお、生産はドイツのRUAG社が行っている。

JA653J(Cn:40365/Ln:997) 日本航空インターナショナル Boeing 767-346ER 登録日:12月15日
JALが追加導入を行った767の3号機。機内は651J、652Jと同じA43仕様となっている。

JA65AN(Cn:33903/Ln:3502) 全日本空輸 Boeing 737-881 登録日:12月21日
こちらも毎月恒例、ANKの737。モノクラス176席仕様で納入され、セントレアを中心に運航中。。
一部情報では、737-700を再モノクラス化し、余ったプレミアムシートをこちらに移すとか。

JA73NE(Cn:40713/Ln:3501) スカイマーク Boeing 737-82Y 登録日:11月22日
こちらも毎月恒例(笑)。JAL、ANK、SKYと3社横並びで納入が続けられている。ウィングレットのマークはここへきてなぜか『♪』となった。スカイマークの納入はここでひと段落し、次号機のJA73NFは4月ごろとなる模様。

JA726A(Cn:564) 海上保安庁(双日航空機) Bombardier DHC-8-315MSA 登録日:12月24日
海保のYS-11置き換えのために導入が行われているダッシュ8であるが、この7号機からは中古の旅客機を改造した機体となっている。続くJA728Aも中古機からの改造で、スペインのエア・ノーストラムで運航されていた。
第8管区海上保安本部 美保航空基地に配備され、「みほわし」として活躍する。

☆抹消登録機:10機☆
JA8098(Cn:25212/Ln:871) 全日本空輸 Boeing 747-481 抹消日:12月15日
   →N599MS XMNでストア?
ANAの国際線ジャンボ機として、最後に残った3機のうち、はじめに登録抹消が行われた機体。ANAの『テクノジャンボ』(-400シリーズ)では最も飛行時間が長く、約8万1000時間を数えた。11月上旬に厦門にフェリーされ、BCF改造が行われる模様。


JA8082(Cn:25212/Ln:871) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:12月9日
   →N151AS ROWでストア(解体予定)
1991年8月導入。JALジャンボの12号機として導入され、主に欧州線などで活躍していた。12月14日に離日し、白装束でロズウェルにストアされている。


JA8910(Cn:26335/Ln:1024) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:11月13日
   →N356AS VCVでストア
1994年3月導入。短中距離国際線用のコンフィグで導入された3機のジャンボの初号機。長距離を飛行しないため、クルーレストバンクが設置されず、410席仕様で運航されていた。晩年はファーストクラスが廃止され、412席仕様で羽田発の国際線で運航されていた。12月16日に離日しロズウェルへフェリー。その後年明けとともにビクタービルへ再フェリーされた。


JA8909(Cn:26353/Ln:980) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月6日
  →N744CK カリッタエアで運航
1993年6月導入。クラシックジャンボのリプレースを進めるために、破竹の勢いで導入が続けられていたジャンボ世代の機体である。2006年12月にはBCF改造を受け運航が続けられていたものの、機体の一部に不調があったため、予備機となり、2009年半ばからは羽田空港でストアされていた。9月に離日し、しばらくビクタービルでストアされていたが、12月に正式に売却が完了し、カリッタエアで運航が行われている模様。


JA8911(Cn:26356/Ln:1026) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月14日
  →N356NA VCVでストア(アトラスエアで運航予定)
前のJA8910と同様、短中距離国際線用機材として1994年3月に導入された機体。2007年秋?にBCF改造され、その性能をいかんなく発揮し、多くの貨物を世界に送り届けた。
今回の経営再建で貨物専用機事業から撤退することを受け、同じ貨物専用会社であるアトラスエアに売却された。
11月上旬に離日し、現在はビクタービルで整備を受けている模様。


JA8915(Cn:26361/Ln:1188) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:12月15日
  →N745CK カリッタエアで運航
記念すべきJALの747としては100機目の機体で、1998年12月に導入された。ボーイング社のエバレット工場では記念式典なども行われ、機首には「JAL's 100th 747」のロゴが入った。新塗装化後、JA8919とともに「YOKOSO! JAPAN」特別塗装となり、機首には大きくそのロゴが入れられた。100機目の栄光もむなしく?2007年にBCF改造された。
こちらもカリッタに売却され、オールホワイトで運航されている。


JA8908(Cn:26352/Ln:978) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446D 抹消日:11月2日
   →N896DB ARGでストア(解体予定)
1993年6月、-400Dの最終号機として導入された機体。2002年には、FIFAワールドカップ日韓大会の応援塗装をまとい、胴体後部に応援ステッカーが貼られたほか、尾翼を青く塗装されて運航された。
12月21日に離日し、他の-400Dと同様、ウォルナットリッジにフェリーされ、解体待ちとなっている。


JA8558(Cn:637) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:12月15日
  →N3740 LDEでストア


JA8565(Cn:711) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:12月16日
  →N7151 LDEでストア

JA8558は1992年7月に、JA8565は1993年12月にそれぞれJASに導入された機体。後者は2003年2月に青森空港でオーバーランを起こしている。日本籍が抹消されたA300はこれで4機となった。また、全22機のうち、3機が貨物機への改造を受けることが決定した。比較的新しい機体が多いため、新天地でも大いなる活躍をしてくれるだろう。

JA8232(Cn:23213/Ln:118) 日本航空インターナショナル Boeing 767-246 抹消日:12月20日
  →N767DA VCVでストア(ダイナミック・アビエーションに売却)
1985年8月に、767の2号機として日本航空に導入された。1993年6月からの1年間、日本トランスオーシャン航空にリースされ、同社のフルカラーとなった唯一の767でもある。JAL復帰後は207席仕様で近距離国際線や国内準幹線に就航し、羽田や中部でその姿をしばしば見ることができた。6月にビクタービルにフェリーされ、このたび売却先が決定し、日本籍が抹消された。

●予約登録機:6機●
JA801X(Cn:39415/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2011年6月
JA802X(Cn:39418/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2011年10月
JA803X(Cn:38026/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2012年2月
JA804X(Cn:39395/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2012年4月
JA805X(Cn:38035/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2013年1月
JA806X(Cn:38036/Ln:****) スカイネットアジア航空 Boeing 737-800 予定日:2013年2月
現在、737-400型機を10機保有しているスカイネットアジア航空だが、昨年2月に737-800型機を2機導入することを発表した。これは、リース会社のAWASからの新造リース機で、それぞれ6月と10月に導入されることになっている。
今回、その機体の予約登録が行われたほか、さらに4機が追加で予約されている。
1年に2機ずつとスローペースではあるものの、状況によっては他社と同じく導入スピードが上がる可能性も否定できない。

2010年のまとめをすると、新規登録機が47機、登録抹消機が54機で、差はマイナス7機(いずれも本記事対象機のみ)となった。
今年はJALの経営再建もひと段落するほか、スカイマークなどでは新造機の連続投入、またANAへの787の引き渡しなど、新規登録機から目が離せないだろう。

<<2月5日追加更新:『予約登録機』情報追加>>

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
ご覧いただきありがとうございます。クリックもよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。