スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内線ジャンボ -400D さよならフライト参加記 その7 ~JL1024 OKA-HND~

その6からの続きです。この記事から読んでも???になるかもしれないので、前の記事と合わせてお読みください。

JL905便のPBが完了した後、A-TWYを通ってRWY36へタキシング。ぼく管ではいやに長く感じられたこのルートですが、実際のってみるとあっという間でした…。
E8-TWYで待機した後、離陸許可とともにローリングテイクオフで離陸。お客さんを乗せた最後の離陸は12時10分でした。

離陸後、澤木機長から、日曜日で嘉手納のトラフィックはないため高度制限はなくそのまま上昇しますとのアナウンスがありました。若干残念でしたが、機窓右側には米軍の普天間基地と嘉手納基地をはっきりとみることができました。
特に普天間は住宅地の真ん中にあるという話の通り。しかも結構な面積を占めており、本当にあれは危険だと感じました。

機は上昇を続け、雲を突破。若干揺れはあったものの早めにベルトサインは消され、機内での交流時間が巣こそ長めに確保されました。その後39000ftでレベルオフし、羽田まで約1時間50分のフライトタイムを順調に消費していきます。


私は油性ペンと下敷きを持ち、CAさんにサインをもらいに機内を端から端まで歩きました。出発前に8人からhサインをいただいていたので、残り5人のCAさんにサインをもらいに前の方へ行くことに。
いまだ訪れていなかったアッパーデッキにも上がり、サインをもらうついでに写真を撮影。混雑しすぎて前のほうまで見ることができず残念でした。。。。


その後、いよいよクライマックスということで記念ビデオの上映が始まりました。
在りし日のモーゼスレイク訓練所で撮影した貴重な映像です。それが終わり、本当に最後の最後、三本締めでこのツアーが締めくくられます。音頭を取る澤木機長も途中言葉がつまり、こちらにもその感情が伝わってきてついついもらい泣きをしそうになりました。
話は変わりますが、三本締めは我々乗客を含め、ツアー要員の方やCAさんたちも含め全員でやりました。そのCAさんの三本締めがほんとに可愛かったこと^^ (ヲイ

その後、気流の乱れで駿河湾~房総半島上空にかけて機体が上下に大きく揺さぶられました。ジャンボならではのゆったりとした揺れをじっくりと、はっきりと味わうことができました。これが737だったりすると恐怖そのものではないでしょうか…。

雲の中を降下していき、機窓は真っ白。本当に何も見えません。

そして、最後ということでこんなものも撮影。

このしおりが実際に役立つことはなく、無事に20年間の勤めを終えて退役することができたのは本当にいいことだと思います。
アッパーデッキのスライドシュートの図も特徴的でしたが、これも国内ではANAでしか見ることができません。

そんなこんなで地上がやっと見えました。房総半島上空というのはわかったのですが、詳しい場所はわかりませんでした。そうこうするうちに再び雲に突入。再度雲から抜けたのは、アクアラインの「海ほたる」が見えるあたり、高度にして2000ft強です。
視程が相当悪いなかでも、最終進入のプロセスは順調に行われ、左手に浮島公園、右手に終の棲家であるハンガーを見つつ、13時55分、東京国際空港RWY34Lにファイナルランディングを果たしました。接地の瞬間、撮影してい方々が一斉にシャッターを切られたのは想像するに難くありません。

機内でも拍手が起こり、機内アナウンスがあるまでその拍手は鳴りやみませんでした。最後の機内アナウンスが終わるとともに、13時58分、スポット38番に停止し一斉に4機のエンジンを停止。

↑許可を得て撮影
ついに、JALの747-400Dは20年間にわたるその歩みを止めたのです。本当の本当に、これが最後。どうやっても変えることのない事実です。

降機はアッパーから順に12グループに分かれ降機をしました。
途中、タラップと機床の段差が1m近くなり、タラップの着け直しが行われた時には機内が笑いに包まれました。JALジャンボが西側貨物エリアでタラップをつかって降機をするのはたぶんこれが最初で最後の事でしょう。グランドさんもなれてないのかな、なんて思いつつ、到着から約50分後の14時35分に羽田の地に降り立ちました。

ここのお話はまた次の記事に譲るとして、本当に感動的なラストだったのは言うまでもありません。。。

次の記事は羽田での写真を交えて、短くまとめる予定でいます。次記事もどうぞご覧ください☆

最後になりましたが、おかげさまで日本ブログ村「その他趣味ブログ」「航空機ブログ」の人気記事ランキングで、ともに1位を獲得することができました! 皆さん本当にありがとうございます!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。