スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内線ジャンボ -400D さよならフライト参加記 その8 ~さようなら、ジャンボ~

その8になりました…。今日はなんだかグダグダで非常に読みづらいかと思われます^^;

さてさて、降機前にあらかじめ機外撮影は禁止と謳われていましたが、報道でも映っていたように、誰も守ることなく(笑)、職員も注意することなく、皆がまったりと降機していきました。
降機前にはCAさんと記念撮影もしてもらいました。また、L1には岩崎機長もいて、最後のお別れと感謝のご挨拶をしてタラップに歩みを進めました。


見たくなくても目に入るこの近さ。最初はL2から降機とのことでしたが、退役記念ロゴのせいもあってかL1からの降機に変更されました。
ほんとはタラップの途中からも撮りたかったのですが、危ないのでやめました。これが賢明な判断だったのかどうか…。微妙に後悔しています。。。

下に降りると、職員さんたちのお出迎え。とびっきりの笑顔。

この幕はMD-81やらフレイター退役の時にも使われたやつですよね、なんて。
バックにエンジンが2つ見えているのも、やはりジャンボならでは。


バスに乗り込んでからも撮影。JALロゴと退役記念ロゴを初めてきちっと撮影することに成功。しかしこれが最後と思うと本当に悲しくなります。もう機内にも戻れないし、こんな近くで見る事すら叶わないのですから…。

恒例の?パノラマ写真。近すぎてやばいです。いろいろと困りますwww

バスは14時38分に発車し、バス降り場へと走っていきます。今度こそ本当に最後のお別れ。皆さんが手を振り、頭を下げて我々を見送ってくれました。こちらも大きく手を振り返し、場内道路へ進みました。

バスの中なんで映り込みとかありますが、毎度のことながらあんまり気にしない方向で。
L1で岩崎機長も大きく手を振られています。今回の本社側のまとめ役ということで、本当にお疲れ様でした!


預入手荷物は8番ターンテーブルから返却。降機も順番だったため、人はそんなに多くなく、荷物もちょうどよく流れてきたため、さっさと回収してツイッター仲間のみなさんが待つ国際線ターミナルへ。

しかしながら、1タミから降りるのはほぼ初めてなので、位置と方向の感覚がこんがらがってしまい、真逆の方向へ進みました。その結果、重い荷物を抱えながら200mあまりも爆走することに。その上、バスは一本逃して5分待たされるし…。もう最悪でした。。。

結局は循環バスに乗車して国際線ターミナルへ。
フォロワーのみなさんと合流して、お土産の御開帳。よって我々のベンチだけ異様な雰囲気に包まれておりました。その後、いろんな話をして楽しみました。

ふとジャンボはどうなっているのかな、と一人でデッキへ上がると、まさに38番スポットからプッシュバックされているではありませんか!

皆さんを呼び寄せ?撮影することに。M1ハンガーのドアが開いていたため、そこに持っていくということは容易にわかりました。
今日中は38番にとどまるのかなと思っていただけに、若干びっくりしましたが、最後に再びお別れをすることが出来ました。


慣れ親しんだ、東 京 国 際 空 港の看板に別れを告げ、W-TWYからA-TWYへと進路を変更します。


正面を向いてくれたため、威厳ある「4発エンジンスタイル」をはっきりと見ることができました。
それにしても、アッパーデッキの「こぶ」と面積の大きい垂直尾翼が他の機種にはない巨大さ、そして空の女王という雰囲気を醸し出していると思います。


信頼できる後輩のトリプルセブンにも別れを告げ、ゆっくりゆっくりとハンガーへと進んでいきます。
ジャンボが居なくなることにより、ここ羽田はジャンボ帝国からトリプル帝国、やがては737帝国へと変わっていくことでしょう。

そのあとA-TWYを端までいって、W-1-TWYから再びW-TWYを進行し、M1ハンガー前の210番スポットに到着してそのままかな、と思いましたが、予想外にも210番を行きすぎます。
そうしたのかと思えば、ハンガーへテールインする様子。

途中でいったん止まり、位置を調整。そしてさらにゆっくりと後ろ向きでハンガーへと格納されていくのでした。


15時56分、JA8084はハンガーへの格納を完了し、我々の前から姿を消しました。
ハンガー内には同じく退役するA300や、今後の国内線準主力機として活躍するであろう767などが居ました。彼女たちは中で何を語り合っているのでしょうか…。

我々はここで解散。
私はモノレールに乗車して帰路につきました。やはり眠さには勝てず、帰りの常磐線内では席を確保するなり寝ていました。。。
家には18時前に到着し、日本テレビの「真相報道 バンキシャ」の放送を待ちます。なんでも番組内で今回のツアーの特集が組まれるとのこと。
18時半過ぎに特集は始まり、私は写っていなったものの、つい先ほどまでの光景がテレビでやっているというのが不思議に、新鮮に感じました。

このあと、JA8084は東側整備エリアへ移動し、翌朝に成田へフェリーされたのこと。
成田では売却整備を行い、3月中には日本を離れる事でしょう。-400Dはもれなく解体されていますが、せめて1機ぐらいは保存まで行かなくとも第2の人生を歩んでもらいたいものです。身勝手なファンの心理ではありますが…。

今までの活躍が、今でも目に焼き付き、そして蘇ってきます。
様々な思い出を我々に残してくれた747-400D、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう…。

今日は写真がメインになりました。初めにも書きましたが内容もグダグダでとても読みづらかったと思います。
次回、次々回と、その10までこのレポートを続ける予定ですので、どうかお付き合いください。

また、明日はJALジャンボ完全引退の日です。
当然?成田へ出撃してきます。もれなくTwitterで実況いたしますので、よろしければご覧ください。(ハッシュタグ #JALjumbolastを使用。)
もちろん、ブログにも追って記事を書きます。

本日もご覧いただきありがとうございました!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。