スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材の動き 【2011年1月:2機登録・7機抹消】

ぐだぐだしていて危く1か月飛ばしそうになりました。

★新規登録機:2機★
JA621A(Ln:40566/Cn:998) 全日本空輸 Boeing 767-381ER 登録日:1月18日
ANAの追加導入機としては3機目。例にもれずウィングレット取り付け改造を受け、成田ベースで運航が行われている。

JA335J(Cn:40350/Ln:3525) JALエクスプレス Boeing 737-846 登録日:1月28日
こちらも毎月恒例。35号機も国内線仕様で納入された。


☆抹消登録機:7機☆
JA8930(Cn:27102/Ln:2394) 日本トランスオーシャン航空 Boeing 737-4K5 抹消日:1月7日
  →N197SF 詳細不明
JTAの737では、昨年7月の2機に続き、3機目の退役機となった。この機体は1993年製造、ドイツのハパグ・ロイドで運航された後、2000年にJTAフリートに加わった。
昨年6月から那覇空港でストアされていたが、この度WFBNに売却された模様。

JA8559(Cn:641) 日本航空インターナショナル Airbus A300B4-622R 抹消日:1月20日
  →N5641 LDEでストア
1992年9月にJASに導入された機体。特に大きな事故を起こすこともなく、18年半にわたる日本での生活を終え、GAテレシスに売却された。日本籍抹消は5機目。
ja8559.jpg

JA8085(Cn:25260/Ln:876) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:1月17日
   →N269AS ROWでストア(解体予定)
1991年9月に、JALダッシュ400の15号機として導入。導入当初は長距離路線を担当していたが、晩年はおもに中国路線で運航。羽田空港新国際線ターミナルからも、短期間ながら上海虹橋せんで活躍しており、羽田で見にできる貴重な国際線ジャンボ機の一角であった。


JA8902(Cn:26344/Ln:929) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446BCF 抹消日:1月20日
   →N344NA VCVでストア(アトラスエアで運航予定)
1992年8月にJALに引き渡しを受けた22機目のダッシュ400。湾岸戦争の影響で、1年半にわたりアメリカでストアされていた。導入後は欧米線を中心に、近距離路線も含めた国際線のほぼ全路線で運航されていた。また、新塗装になった後にはYokoso!JAPAN塗装へとなり、日本の観光立国キャンペーンの一角を担った。
2006年5月には貨物専用機に改造されたものの、JALカーゴでも運航するほぼすべての路線に就航して最後まで活躍していた。

JA8916(Cn:26362/Ln:1202) 日本航空インターナショナル Boeing 747-446 抹消日:1月24日
   →N916UN トランスアエロで運航予定
1999年3月に導入された機体。ファーストクラスは1人掛けの、当時としては最高峰の設備を誇ったSOLOを搭載し、ロンドン線やニューヨーク・JFK線といった花形路線で運航されていた。その後、JALスカイスリーパー・ソロとJALシェルフラットシートを搭載する最新キャビンに変更され、ニューヨーク・JFK線やサンパウロ線などにも飛んだ。
また、ニューヨーク・JFK線では、最後のジャンボ便の機体となった。


JA8962(Cn:25645/Ln:979) 全日本空輸 Boeing 747-481 抹消日:1月25日
   →N596MS XMNでストア
1993年6月に導入。1998年にはワールドカップ応援塗装が施され、その後、「ポケモンジェットUSA」塗装となり、アメリカ路線を中心に活躍した。
2007年春からは、ANAのダッシュ400が売却を開始されたものの、「最後の3機」として2010年まで残り、トリプルセブンに代わってパリ線で運航されることもあった。


JA8701(Cn:2093) 海上保安庁 NAMC YS-11A-207 抹消日:1月31日
   →航空自衛隊へ売却 美保基地でストア(部品取り)
1969年に海上保安庁に導入されたYS-11の初号機。当初から羽田航空基地に配備された。「ブルーイレブン」の愛称がつけられ、羽田エリアでの哨戒任務や、救難捜索ミッションにもあたった。また、南鳥島に配属されている海保職員の交代のため、南鳥島へのフライトもしばしば行われていたため、胴体内には燃料タンクが設置されている。
また、海保が保有するYSの中で唯一、地磁気観測のための「MADブーム」が装備され、全国での観測業務にも従事した。
42年間にわたる長い活躍を終え、解役後には茨城空港での展示会も催され、華々しい最後を飾った。
これにより、JAナンバーで登録されているYS-11はすべて消滅し、残るは海自と空自の機体のみとなった。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。