スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New「ひたち」 E657系 いよいよ試運転開始!

またしても久々の更新になってしましました…。はい、もうやる気失ってますよええ(苦笑)

今日は飛行機の話題ではなく鉄道の話題。鉄道の記事もだいたい半年ぶりぐらいですね。
そういえば旅行記どうなったんだよ(

さてさて、常磐線の特急用新型車両として昨年12月に計画が発表されたE657系電車
現在常磐線で活躍している、651系「スーパーひたち」やE653系「フレッシュひたち」をまとめて置き換えるべく、2012年春から秋にかけて10両編成16本の計160両が投入されることになっています。
現在配置されている2形式を合わせた数は、7両編成17本と4両編成13本の計171両。1編成分減少という形になりますが、運用効率を高め現在の本数維持どころか、ラッシュ時の増発という話もあります。

室内は定員600名で、うち570名が普通車、30名がグリーン車となっています。ブラウンとブラックでシックにまとめられた内装のほか、WiMAXを活用したブロードバンド環境や、各席に設置されたコンセントにより、ビジネス需要に応えています。
また、各車両間には新幹線やE259系「成田エクスプレス」などに取り入れられている車体間ダンパ、グリーン車と両先頭車には横揺れを抑えるフルアクティブサスペンションが設置されていて、さらなる乗り心地の向上が図られています。
現在スーパーひたちやフレッシュひたちの大部分は11両で運転していることから、1両減となりますが、実際満席で運転されることは少ないため大丈夫という判断でしょう。
とはいえ、皆が心配することながら、朝の14両運転のフレッシュひたちは…。

栄光の「K-1編成」を名乗る第1編成は、上野方5両が近畿車輛、いわき方5両が日立製作所でそれぞれ製造され、5月21日から23日にかけて、配置先となる勝田車両センターまで甲種輸送が行われなした。
その4日後、5月27日に勝田~上野~勝田の行程で試運転が行われ、正式にJR東日本に引き渡しが行われました。先日、6月13日には勝田車両センターで報道公開が行われ、NHKローカルニュースや、各新聞にも取り上げられるなどし、鉄道ファンをはじめとする方々に認知されました(多分)。

そして、報道で「今月より試運転を始めます」という話もあったように、試運転が始まりました。その堂々たる10両が常磐線を駆け抜け、新型「ひたち」E657系の歴史が始まりました!(←大げさ)

今日の行路は勝田を出発して我孫子まで試運転。その後、折り返して赤塚まで1往復した後、交直切り替え機器の確認のため藤代を1往復、最後に勝田に戻るということだったようです。
現在は主に性能の確認ということでしょうか? このあと運転士のハンドル訓練や、客室乗務員や車掌の実車訓練も行われるそうです。

学校の帰り、我孫子付近でE657系とすれ違いました。我孫子に来るということは必ず帰ってくるので、携帯で常磐線の時刻表を見つつ、どの辺に来るか考えたところ、意外に時間がないためダッシュで帰宅し、すぐにカメラを用意して撮影場所へ。
接近無線を聞いており、だいぶ前から列車来ることが分かったので余裕をもって準備ができました。
踏切を渡った時にはすでに前照灯が見えており、その明るさからE531とは違うということで、E657であることを確認しました。

そしてカメラを構えて待ちます。
E657testrun_1.jpg
来ました。レンズフレア?が写りこんでます…。

E657testrun_2.jpg
編成写真もしっかりいただきました。やはりヘッドライトを付けたこの顔はかわいく、かつ精悍です。

E657testrun_3.jpg
先頭部を流してみました。ほんとにカッコいい!!

E657testrun_4.jpg
当然?後打ちでも撮影。テールライトはまるで眉毛ですね。

気になるのはいわき方先頭車スカートにある切欠き準備のようなライン。
電連装備して付属編成と連結? なんて妄想が膨らんだり…。そんな計画があるかどうかは知りませんが、何か意味はあるはずです。

さてさて、この試運転がいつまで続くかはよくわかりません。現段階での営業運転投入予定は2012年春。つまり次回の3月改正ということになろうかと思います。
そして置き換え完了は2012年秋。このタイミングで常磐線の大幅?ダイヤ改正が行われ、いわきで特急分断が行われるはずでした。
しかし、3月11日に起きた東日本大震災でこの計画もどうなることやら。いわき以北は原発や津波のせいで線路はズタボロに。原ノ町駅などには車両が何本も置いたままになっているそうです。
E657系運転開始も非常に楽しみではありますが、常磐線をはじめとした被災路線や東北各被災地の復旧、ボランティアなどのために被災地への交通手段の確保、そして一刻も早い原発問題の収束が待ち望まれます。

これからも沿線住民としてJR東日本を応援していこうと思います。
そして、被災地のみなさん方へも少しずつ、できることを地道に支援していきたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。