スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、然別湖温泉へ 【1日目】

北海道、父の実家は空知管内雨竜町にあります。
昨年は、釧路管内弟子屈町の川湯温泉へ乗り鉄も兼ねて行きましたが、今年は車で十勝管内鹿追町の然別湖温泉へ行きました。

名前が表すように、然別湖畔にある温泉ですが、2軒のホテルが並ぶだけの比較的小さな温泉で、大雪山国立公園の中にある自然豊かな温泉です。

雨竜からは、いつも通り滝川へ出て、国道38号線で新得まで進み、そこから北上していきます。
途中、お昼頃に富良野を通るため、「富良野マルシェ」で一休み。私は歩いて富良野駅へ。
ちょうど、この時間には何本か列車がありました。
sikari_0811_1.jpg
帯広発滝川行の快速 狩勝 キハ40形の釧路車で運転されています。

sikari_0811_2.jpg
5番線には富良野・美瑛ノロッコ号が停車中。

sikari_0811_3.jpg
ホームのない1番線には、キハ183系のノースレインボーエクスプレスが留置されていました。

sikari_0811_4.jpg
富良野駅の北側にある跨線橋から十勝岳の方を望みます。

sikari_0811_5.jpgsikari_0811_6.jpg
ノロッコが美瑛に向けて発車していきました。

さらに国道38号線を東進し、樹海峠を越え、続いて立ち寄ったのが根室本線幾寅駅。
映画『鉄道員』の撮影が行われたところです。

sikari_0811_7.jpg
駅外観。本来の幾寅駅よりも、映画の中で登場する幌舞駅の看板の方が大きく掲げられています。

sikari_0811_8.jpg
ホーム側から見た出入り口。こちらも幾寅よりも幌舞です。

sikari_0811_9.jpg
駅の脇に展示されている、キハ12 23のカットボディ。車籍上はキハ40 764でした。『鉄道員』のヘッドマークもかなりボロボロになっています。

ザーッとみたところで再び国道をひた走ります。
sikari_0811_10.jpg
そして、狩勝峠へ。生憎、頂上の看板を撮影することはできなかった為、トンネルの写真で。

sikari_0811_11.jpg
景色はこんな感じ。旧根室本線があった時代には、日本三大車窓にも選ばれていただけあって、すごいきれいでした。
写真では見にくいですがね…。

国道で坂を降り切ったあたりで、右側にまっすぐな森がありました。何かと思ってカーナビを見ると、「狩勝実験線」と書いてありました。うちのカーナビは古いとはいうものの、そんな最近まであったのか?と思いつつ、線路跡を眺め、南へ走ります。

新得駅手前で左折し、国道から道道75号線へ入ります。道なりまっすぐに進むと途中で道道133号線となり、鹿追市街へ。役場の前で左折し、再び国道へ。今度は国道274号線です。
しばらく北上すると、右手には陸上自衛隊鹿追駐屯地が。ここには第5師団の要、第5戦車大隊が置かれ、正門脇には74式戦車が展示されていました。

北上を続け、道道85号線に入ると、両脇は陸上自衛隊然別演習場が現れます。
道をはさんで左右に広がっていることもあり、途中にはコンクリートで固められた、戦車が渡るための道が何本かありました。

この然別演習場は、扇ヶ原と言うところに設けられており、堂々の途中にある扇ヶ原展望台から一望することができます。
sikari_0811_12.jpg
この写真から見えるエリアは大体が演習場になっています。詳しい人ならすぐにわかるレベルで目標とかが置かれていました。

ここからさらに北上、道も狭く険しくなってきます。白樺峠を越え、然別トンネルを抜け、温泉へ到着となります。
途中寄り道などをしつつ、7時間ほどかけて到着することができました。ここに行くだけでもだいぶ楽しかったわけでして(笑)

sikari_0811_13.jpg
宿から湖を見た感じ。低層階だと、正直景色は微妙です。

ちなみに、ここ然別湖畔は、地上デジタル放送の「難視地域」にあたるため、衛星を経由して東京の放送をデジアナ変換したうえで放送されていました。
ただ、東京のテレビが映るとはいうものの、道東地域のため、テレビ東京は見れませんでした。(このときは、道東ではテレ東系列のTVhが放送されていませんでした。この何日か後に放送が始まりました。)

この後、温泉に浸かり、お料理もいただいて、翌日のプランを練り、就寝いたしました。
翌日の記事はまた明日。

※この記事は自動更新です※

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
毎度ご覧いただきありがとうございます。
日本ブログ村に参加しております。クリックをよろしくお願いします!

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

管理人 エアポートひたち
Witten by Airport HITACHI


掲載している画像の無断転載はおやめください。

Welcome to "Hikoki ni Kakomarete (Surrounded by the airplane)".
The airplane photograph, a travel report, a railroad photograph, etc. are published.

This weblog is written in Japanese only.

カウンター
累計閲覧者数:
2009年7月1日から集計開始


ジオターゲティング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経県値
ひたにゃんさんの経県値
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。